読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴリ課長の横浜グルメ!

横浜生まれ横浜育ちのゴリ課長が、横浜を中心に美味しいお店をご紹介。旅行やホテルのレビューもご紹介します!

横浜・野毛の食べ歩き 里葉亭

スポンサードリンク

今日は、自分の誕生日のお祝いということもあって、比較的近所にありながら、これまでお邪魔していなかった、焼き鳥の名店「里葉亭」へ行ってきました。

 

こちらは、焼き鳥といっても、大衆といったお値段ではありません。飲み物込みで1人あたり1万円くらいになります。

 

オーダーはお任せのみで、焼き鳥が適当なタイミングで運ばれてきます。お腹いっぱいになったところで、オーダーストップするという仕組みです。

味はかなりの評判で、食べログでも脅威の点数になっております。

以前から行きたいと思っていたのですが、なかなか行く機会がなく、今に至っていました。

 

場所は、JR関内駅伊勢佐木町の方へ出て、伊勢佐木モールの少し裏道の方にあります。名店ですが、その場所は結構分かりづらいです。

 

通常は、なかなか予約が取れないようですが、今回は金曜に電話したところ、たまたま翌日の土曜日の5時半からならOKということで、予約することができました。

 

店の外観はどちらかというと、大衆焼き鳥屋さんといった感じです。

f:id:ts01:20150201115709j:plain

 

お店の開店時間が5時半なので、一番のりでした。

もちろん、すぐに満席になってしまうのですが。

 

店内は、あまり広くはありません。

25名が入るくらいでしょうか。

 

店に入ると、イケメンのお兄さんが上着などを預かってくれて、対応もとてもいいです。きちんとした接客です。

カウンターの端の席に座りました。

 

さて、まず最初は、お通しのエシャロット

そして、食前酒のみかん酒です。

f:id:ts01:20150201115711j:plainf:id:ts01:20150201115710j:plain

エシャロットは、焼き鳥を食べる前すっきりするのでいいです。

みかん酒は、しっかりとつぶつぶが入っているし、甘くて安心する味です。

 

焼き鳥屋なので、瓶ビールでスタートしました。なんとなく、焼き鳥といえば瓶ビールという感じがします。

f:id:ts01:20150201115631j:plain

  

テーブルのところにおいてある飲み物のメニューはこちらになります。

f:id:ts01:20150201115627j:plain

f:id:ts01:20150201115628j:plain

ここに書いてある以外にも、そのとき入っている日本酒が壁に貼ってあったり、店員さんに飲みたい日本酒などをいうと、好みにあったものを出してくれたりします。

 

 

そして、焼き鳥を食べながら、つまむ感じのお新香がやってきます。お新香の盛り合わせボールと言う感じですね。

f:id:ts01:20150201115629j:plain

お新香はぬか漬けで、いろいろな種類が入っています。野菜の味もしっかりとして、おいしいです。

f:id:ts01:20150201115633j:plain

こちらは山芋です。わさびを付けて食べます。

焼き鳥の前にもう一品

f:id:ts01:20150201115632j:plain

牛すじの煮込みです。これもかなりおいしいです。しっかり煮込まれていますが、お肉の弾力もあっていい感じです。

 

さて、ここから焼き鳥が始まります。

まずはハツです。

f:id:ts01:20150201115634j:plain

レアで焼かれたハツは、とろける感じです。とても新鮮で、おろし生姜がのっているのですが、とてもよくあいます。

 

次は、せせりです。これもレアな焼き方で、とろけるようにおいしいです。

これまで食べてきたものと違う感じがしますね。うーん。おいしい。

f:id:ts01:20150201115639j:plain

 

次は手羽です。こちらはカリッとあがっていて、中はジューシーです。

f:id:ts01:20150201115640j:plain

 

そして次は、銀杏です。香ばしく、まったりとして、焼き鳥の間に入ってくるといいですね。

f:id:ts01:20150201115643j:plain

 

そして、次は合鴨です。

f:id:ts01:20150201115642j:plain

脂が鴨の味を引き立ててくれています。赤身の部分も歯ごたえがありつつ、軟らかいといった感じです。すごくいいです。

 

そして次は牛タンです。焼き鳥屋ですが、牛タンが出ます。しかも、これが特に評判がいいようです。とてもボリュームがあるし、焼き加減も丁度よく、すごくおいしいです。

 

 

f:id:ts01:20150201115648j:plain

 

次はレバーです。

f:id:ts01:20150201115653j:plain

すごいボリュームです。完全にとろけますね。おいしい。

 

次は薫製の盛り合わせです。

入っているのは、レバー、軟骨、みみがー、カマンベール、つくね、もも、キンカン(卵になる前の卵?)

焼き鳥のコースの中にこういうものが入ってくるというのは、なんともいいです。薫製は好物なので、すごくうれしいです。

f:id:ts01:20150201115650j:plain

 

そして、しいたけ。ボリュームがあって、ジューシーです。

f:id:ts01:20150201115657j:plain

 

そして、つくね。

f:id:ts01:20150201115656j:plain

軟骨なんかもごりごりと入っていて、すごく良い食感です。

 

こちらは、皮です。こんな分厚い皮を食べたのは初めてです。

ボリュームあるし、すごくうまい。

こんなのあるんですね。

f:id:ts01:20150201115701j:plain

 

 

こちらは、砂肝です。全体の中では地味な印象でした。

f:id:ts01:20150201115658j:plain

 

こちらはボンジリ。こちらもボリューム感たっぷり。こんなボンジリ食べたことないです。

f:id:ts01:20150201115703j:plain

 

そして、最後の焼き鳥が白レバー

f:id:ts01:20150201115707j:plain

こちらはタレと卵でいただきます。

タレがよく絡んですごくおいしいかったです。

 

焼き鳥をづらづらと書いてきましたが、途中でもちろんお酒も飲んでいます。

店員さんには、日本酒をすっきりしたものから、辛口のものへと順番に3種類だしてもらいました。

飲んだ順番でいくと、36人衆。

f:id:ts01:20150201115638j:plain

すっきりしていて、透き通った感じのお酒です。

 

次は宝剣。

f:id:ts01:20150201115644j:plain

こちらは、すんだ中にもキリッとした辛さがあります。

 

最後は巌。

f:id:ts01:20150201115655j:plain

こちらは少しにごっているのですが、かなりキリッと辛いです。

辛いのは大好きなので、とても気に入りました。

この後にも赤ワインなんかを飲んでしまい、かなりご機嫌になりました。

 

さて、最後に締めでカレーチャーハンをいただきました。

さすがに1人前は無理だったので、半分ということで注文しました。

f:id:ts01:20150201115704j:plain

カレーの味が心地よいです。

そして、トリのスープ。

f:id:ts01:20150201115705j:plain

トリがこれでもかと言うくらいに出ていて、おいしくいただきました。

 

さすがにお腹いっぱいになりました。

お会計は、2人で21,500円。

この味であれば、何ら文句はないお値段だと思います。

おそらく、また行っちゃいますね。

総合的にとてもおいしかったです。

 

 

里葉亭鳥料理 / 日ノ出町駅関内駅桜木町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8