ゴリ課長の横浜グルメ!

横浜生まれ横浜育ちのゴリ課長が、横浜を中心に美味しいお店をご紹介。旅行やホテルのレビューもご紹介します!

千花庵 野毛店

こちらのお店は、鎌倉にある有名なお蕎麦屋さんの千花庵の野毛店になるようです。

もう何回かおジャマさせてもらいましたが、お酒、肴、立地など、そのコンセプトはとても気持ちのいいもので、何気なく、ついつい足を運びたくなるお店です。

横浜の野毛には、古くからある老舗の居酒屋さん、そして、野毛という場所に目を付けて新たに参入してきた居酒屋さんなど、いろいろなお店が連なっているのですが、そんな中でも、こちらは野毛の端にある古くて新しい名店といった感じのお店です。

 

たいていおジャマするのは、金曜日か土曜日の夜ですね。

店の外観はこんな感じ。

とても、風情があります。この風情は店の前を通りかかれば、だれでも覗いてみたいと思うのではないでしょうか。

「〆そば」と書かれた提灯がどうにもいい雰囲気を出しています。

 

中はカウンターが10席程度、テーブル席が1つで、決して広くはありません。狭くはありますが、清潔感があり、厨房との距離感も悪くありません。

お店の方は3人で、とても親切に対応してくれます。

お客さんと店員さんの距離感もいいです。

店員さんと話したい人は話す。自分たちで話したい人は自分たちで楽しむ。そんな気楽な雰囲気があります。

 

まずはお酒の注文です。

こちらのお酒で好きなのが、蕎麦焼酎のそば湯割です。

そば湯がかなりクリーミーというか、トロっとしていますので、そこに焼酎がとけこんで、すごくおいしいのです。

これは、本当に何杯でも飲めてしまいます。

f:id:ts01:20150227204242j:plain

 

そして、そのお酒のあてとして、こちらのお店でまず注文したいのが、牡蠣の赤味噌漬けです。

f:id:ts01:20150227204529j:plain

名前のとおり、牡蠣を赤味噌で漬け込んであるのですが、牡蠣にしっかりと赤味噌が漬かっていて、また逆に周りの赤味噌には牡蠣の風味が出ていて、その味は牡蠣の尖った部分がとれて、全体になじむと同時に赤味噌によって牡蠣のクリーミーさがより強調され、いくらでも食べれてしまう味となっています。

お酒の肴として格別ですね。

 

それから、定番的にあるのが、トンカツです。 

f:id:ts01:20150308220336j:plain

そびえ立つようなこのトンカツですが、中の肉が見た目にもキレイで、食感も滑らかでとてもおいしいんです。見た目ほどの重さは感じないです。

 

その他、定番となるメニューとともに、季節によって変化するメニューがあるようです。

その他に、この日食べたのが、こちらのあぶり〆鯖。

f:id:ts01:20150227204800j:plain

 

それから、汁なし豚汁。

f:id:ts01:20150227204231j:plain

汁なし豚汁なんて、妙な名前なので、店員さんにその内容を尋ねてみると、お酒と一緒に食べると口の中に豚汁が広がっていくという説明をしてくれました。

実際に食べてみると、豚汁が圧縮された肴といった感じです。豚肉もとても軟らかくなっていておいしい。

お酒と一緒に食べると、確かに豚汁を感じることができるし、風味が広がる感じは本物の豚汁以上かもしれません。

これはオススメです。ただ、常にあるメニューではないようです。 

その他、こちらでは全国各地の日本酒が置いてあって、手頃が値段で提供してくれます。

この日のメニューはこんな感じです。

f:id:ts01:20150228171134j:plain

私は日本酒は好きですが、そんなに銘柄に詳しくはありませんので、希少性などはよくわからないのですが、いいところを取り揃えているといった感じではないでしょうか。

 

他にも、そば味噌

f:id:ts01:20150308220332j:plain

それから、出汁とまと

f:id:ts01:20150308220334j:plain

なんかもすごくおいしいです。

そして、〆にはやはりお蕎麦です。

f:id:ts01:20150308220337j:plain

こちらの蕎麦は、自らの手打ちになります。しっかりと蕎麦の味がしてとてもおいしいんです。

塩で食べてもいいですと、店員さんから言われます。

でも、自分はつゆに付けて食べるのがいいです。

こちらのつゆはかなり濃厚なつゆなんです。少しだけ蕎麦に付けて食べる。

それが一番おいしい食べ方だと思います。

ですから、その後のそば湯がまたたまらなくおいしいです。

 

また、近いうちにおジャマすると思います。