読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴリ課長の横浜グルメ!

横浜生まれ横浜育ちのゴリ課長が、横浜を中心に美味しいお店をご紹介。旅行やホテルのレビューもご紹介します!

大分県への旅行⑤ 佐賀関での関アジ!

スポンサードリンク

大分県といえば、やはり関アジ、関サバです。

佐賀関という場所が、大分県の端にあります。

佐賀関は四国の佐田岬が見える程、四国と近くにあり、ここの九州と四国の間の海峡を豊予海峡といいます。

この海峡ではプランクトンが非常に多いことなどから、アジやサバが生息しているのですが、それがとても良質のアジやサバなのです。

関アジ、関サバは普通に私たちが目にするアジやサバとは大きさ、味など、全く異なるもので、商標登録されています。

特に佐賀関(九州側)でとれたアジ、サバを「関アジ」、「関サバ」と呼ぶことができるのです。

 

今回は、関アジを堪能すべく、佐賀関まで行ってきました。

佐賀関には電車の駅がないので、車かバスなどを使用していかなければならないので、ちょっと行くのは大変です。

 

関アジを食べたのは、佐賀関にある料理屋さんなのですが、特に店構えなどなく、予約したお客さんにだけ、料理を振る舞ってくれるそうです。

とても、親切に接客してくださるお店で、気持ちよくお店に入っていきました。

 

この日にいただいたのは、佐賀関でとれたもののコースという感じでした。

最初は、コーンの揚げ物ですが、桜エビがちりばめられていて、エビの風味を感じるとてもおいしい品でした。

f:id:ts01:20150529121104j:plain

 

つぎは、トマトのポン酢漬け。さっぱりしておいしいです。

f:id:ts01:20150529121431j:plain

 

そして、お待ちかねの関アジのお造り。

f:id:ts01:20150529121615j:plain

f:id:ts01:20150529121628j:plain

関アジのお刺身。

歯ごたえがあって、あぶらも乗っていて、とてもアジとは思えませんでした。

どんどん、箸が進んでしまいました。すごくおいしかったです。

 

そして、次はウニです。

とれてのウニで全く臭みがなく、口の中に甘い香りと食感が溶けていきます。

f:id:ts01:20150529122047j:plain

 

次はカニの茶碗蒸し。カニの甲羅が蓋になっているので、とても小さなカニなのですが、味はとても濃厚で、これもすごく満足しました。

f:id:ts01:20150529123656j:plain

f:id:ts01:20150529123717j:plain

 

次は鯛の塩釜焼き。

f:id:ts01:20150529123828j:plain

f:id:ts01:20150529124859j:plain

ほっくりと焼き上がった鯛にほんのりと塩味がついていて、鯛の味を十分に堪能できます。少しカボスとをたらしていただきました。

ちなみに、カボスは大分県の名産で、東京で買うと1つ100円〜200円くらいしますが、こちらでは、10円〜20円程度とか。東京で買うというのは、流通を経てくる訳で、いろいろなコストがかかってしまうのですね。

 

ここで、少し冷酒をいただきました。

銘柄は忘れてしまったのですが、すっきりしていて、しっかりと味のある良いお酒でした。

f:id:ts01:20150529125242j:plain

 

次は、あわびのバター焼きです。肝とヤングコーンも添えてあります。

こんなにおいしくあわびを食べたのは初めてという感じでした。

新鮮さにつきるのでしょうか。やはり魚介は地のものを、その土地で食べるというのが一番おいしい食べ方ですね。

f:id:ts01:20150529131145j:plain

そして、魚のぬた和え。魚の種類は忘れてしまいましたが、とてもいいお味でした。

f:id:ts01:20150529125445j:plain

 

そして、まだあります。サザエの磯辺揚げです。

とても、香りのいい海苔で、サザエの風味を一段と引き立ててくれます。

これも、すごくおいしかったです。

f:id:ts01:20150529132300j:plain

 

さて、実はまだこの後にお寿司がでるのですが、この後にフェリーで四国へ渡ることになっていて、フェリーの時間が迫ってきていたので、お寿司はパックにつめてもらうことにしました。

フェリーの中でゆっくり食べることにしました。

f:id:ts01:20150529135508j:plain

と言う訳で、パックの中でよってしまったこともあって、写真のうつりは良くないのですが、どれもすごくおいしかったです。

九四フェリー一等客室でビールを片手においしくいただきました。

 

それにしても、佐賀関でとれたものを使ってのフルコース。

食べ切れない程の量でしたが、どれもこれもおいし過ぎて、完食です。

 

今回、小さな子どもがいたことから、子ども用にエビフライを用意してくれていました。

それがこちらです。

f:id:ts01:20150529122804j:plain

かなり大きな車エビのエビフライです。

正直いって、こんなに大きな車エビのフライは初めてかもです。

子どもを差し置いて、食べてしまいましたが、これがとてつもなくおいしいのです。

港で獲れたてのものというのは、本当にすごいですね。

東京で食べたらいくらになるやら。

 

また、近いうちにおジャマできたらと思っております。

 

→ 楽天で関アジの販売を行っているところなどを掲載しました。参考にしてください。