読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴリ課長の横浜グルメ!

横浜生まれ横浜育ちのゴリ課長が、横浜を中心に美味しいお店をご紹介。旅行やホテルのレビューもご紹介します!

紀伊半島② 朝の高野山、そして熊野へ行く途中の日本一の吊り橋でスリルを味わう!

スポンサードリンク

高野山の宿坊「西禅院」で静かな時間を過ごして、翌朝です。

宿坊では、朝の6時30分から勤行を行って、その後に朝食です。

f:id:ts01:20150601072137j:plain

前回の記事はこちらをご覧ください。

紀伊半島① 高野山の宿坊 西禅院に宿泊。精進料理を堪能! - 食べ歩き旅行と新橋・横浜の食べ歩き!

 

精進料理としての朝食です。

f:id:ts01:20150601072145j:plain

f:id:ts01:20150601072141j:plain

f:id:ts01:20150601072148j:plain

f:id:ts01:20150601072154j:plain

f:id:ts01:20150601072151j:plain

お肉のような感じの食感のものもありました。

上手に作っているものだと感心しました。

全体的に、素朴なおいしさがありました。

 

宿坊で朝食をとった後は、壇上伽藍を散歩しながら、高野山駅に向かいます。

f:id:ts01:20150601075434j:plain

f:id:ts01:20150601075717j:plain

f:id:ts01:20150601075758j:plain

とても、清々しい朝でした。

これなら、いくらでも散歩できそうです。

 

この日は、高野山から電車で南海鉄道橋本駅まで行って、そこからレンタカーで熊野へ向かいます。

高野山から熊野までは、季節によってはバスが出ているのですが、6月初旬はバスが出ていないようで、レンタカーで向かうことにしました。

レンタカーは、トヨタレンタリースです。

橋本で車を借りて、到着する新宮で車を返します。

車種にもよりますが、5,000円程度で済みます。

2人以上なら、電車よりもお得な計算です。

 

橋本駅

f:id:ts01:20150601093554j:plain

この日はとても天気がよかったです。

橋本駅もすごく気持ちよかったです。

f:id:ts01:20150601093629j:plain

駅までトヨタレンタリースの人に車で迎えに来てもらいました。

5分程、車にのってトヨタレンタリースに到着。

そこから、レンタカーです。

 

熊野までのルートは、十津川、熊野川添いを走っていくルートで、熊野本宮大社や熊野速玉大社をお参りして、新宮へ抜けていきます。

熊野川添いを走る道は本当に気持ちがよかったです。

それに川がとてもキレイでした。

f:id:ts01:20150601103224j:plain

f:id:ts01:20150601104527j:plain

f:id:ts01:20150601103522j:plain

これほどまでに、自然を堪能できるなんて、旅に出てよかったなぁと思いました。

f:id:ts01:20150601103237j:plain

 

熊野に抜ける途中にあったのが、十津川の渓谷にかかる谷瀬の吊り橋です。

f:id:ts01:20150601114708j:plain

f:id:ts01:20150601114705j:plain

f:id:ts01:20150601114723j:plain

結構有名な吊り橋なのですが、これはかなり怖いです。

f:id:ts01:20150601114807j:plain

f:id:ts01:20150601114456j:plain

高さが57M、長さ297Mということで、日本一長い吊り橋のようです。

吊り橋はワイヤーでつってあるのですが、歩くところは、80CM程度の板の上を歩いていきます。

しかも、板の下には何もありません。板が割れてしまえば、落ちてしまうかも。

そんな感じなので、かなり怖いのです。

しかも、20人以上が同時に渡っていくことは禁止ということで、他人の行動が自分に危険を及ぼすかもしれないというのも、恐怖です。

とにかくいい景色なのですが、怖い。

橋から下をみると。

f:id:ts01:20150601114301j:plain

という感じで、とてもキレイなのです。

f:id:ts01:20150601114233j:plain

吊り橋の中盤まで歩いていって、引き返してきました。

この辺りへ行く予定がある人は、必ず行ってみてください。

すごくオススメです。