ゴリ課長の横浜グルメ!

横浜生まれ横浜育ちのゴリ課長が、横浜を中心に美味しいお店をご紹介。旅行やホテルのレビューもご紹介します!

中華街で上海蟹を堪能!三和楼で上海蟹と排骨麺を食べました。

9月の中旬から、この時期は上海蟹の時期です。

毎年、上海蟹を食べているという訳ではないのですが、今年はとても食べたくなりました。

そんな訳で、横浜中華街の三和楼に行ってきました。

f:id:ts01:20151024192224j:plain

お店の前には上海蟹の張り紙が。

f:id:ts01:20151024192229j:plain

上海ガニ入荷しました。」ってすごくいい感じです。

上海蟹は、チュウゴクモクズガニっていうそうです。

正式名はあまりおいしくなさそうですが、実際にはとてもおいしいです。

 

上海蟹にはもちろん、オスとメスがいます。

オスは大きくて味が濃い。

メスの方はオスのように味が濃くないのですが、赤い内子があり、これがなかなかおいしいのです。

三和楼での上海蟹の値段はこちら。

f:id:ts01:20151024193019j:plain

メスとオスとペアがあります。

メスとオスの両方とも食べたいので、ペアを頼みました。

そして、一緒に頼んだのが、水餃子と上海蟹の入った小籠包。

 

まずは、こちらが水餃子。

f:id:ts01:20151024194139j:plain

f:id:ts01:20151024194310j:plain

皮がモチっとしていてすごくおいしいのです。

そして、スープの方は、とても軽い感じなのですが、しっかりと味がしてかなりおいしいです。

スープだけでも、全然いけちゃいます。

 

そして、こちらは上海蟹の入った小籠包です。

f:id:ts01:20151024194404j:plain

この小籠包は、すごく上海蟹の風味が効いていて、絶品でした。

とにかくおいしいと感じました。

 

そして、お待ちかねの上海蟹です。

f:id:ts01:20151024195145j:plain

手前の大きい方がオスで、向こう側がメスです。

食べやすいようにお店がカットしてくれているので、上海蟹を食べ慣れていない人でも安心して食べられます。

ただ、いきなり上海蟹が出てきても、どうしていいか分からないので、ちゃんとお店のやさしいおばちゃんがしっかりと食べ方を教えてくれます。

上海蟹はオスの方が味が濃いので、メスから食べるようにと言われました。

確かに、メスの方が淡白な気がします。

ただ、内子はいい感じですね。ほくほく感がとてもよかったです。

そして、オスの方は味が濃かったです。大きいし、食べ応えもあります。

ミソもオスの方が多くておいしかったです。

f:id:ts01:20151024195140j:plain

そして、上海蟹にあうのが紹興酒(老酒)ですね。

f:id:ts01:20151024202126j:plain

f:id:ts01:20151024202141j:plain

こちらの老酒は、ストレートが一番おいしいと勧められました。

確かに、味がとても濃くて深みがあり、とてもおいしくいただきました。

 

上海蟹を食べた後は、排骨麺。

こちらのお店は排骨麺がおいしいことでも有名なんです。

こちらが排骨麺。

f:id:ts01:20151024202434j:plain

澄んだスープは、とても上品な味がします。

肉もほどよく脂がのっていて、味も濃くておいしかったです。

 

上海蟹はこちらのお店がオススメですね。

 

三和楼上海料理 / 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅
夜総合点★★★☆☆ 3.4