読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴリ課長の横浜グルメ!

横浜生まれ横浜育ちのゴリ課長が、横浜を中心に美味しいお店をご紹介。旅行やホテルのレビューもご紹介します!

孤独のグルメで有名な日ノ出町「第一亭」でパタンをいただきました!

スポンサードリンク

横浜の日ノ出町といえば、伊勢佐木町、野毛、黄金町と近く、横浜の中でも飲み屋が多かったりして、結構ディープな場所です。

野毛の端っこの方、日ノ出町から近くに第一亭という台湾料理というか中華料理の店があります。

昔からあって、市民酒場のような場所として愛されている店なのですが、孤独のグルメに登場してからは、一段と人気が出ています。

週末の夜なんかだと並んでいるところも見たことがあります。

 

孤独のグルメでチートとパタン

基本的に豚肉のお店なので、豚肉を使った料理がたくさんあります。

孤独のグルメの主人公、井の頭五朗はこの第一亭でいくつかのメニューを食べていたのですが、中でも印象的なのが、チートとパタンです。

 

とういわけで、まずはチートです。

f:id:ts01:20160615173356j:plain

チートとは豚の胃のことだそうです。

それが、生姜とともに炒められています。

胃なんて食べたことないので、どんな味でどんな食感なのかとても楽しみです。

まず、食感は柔らかい。ホルモンのようなクチャクチャの感じを想像したのですが、とてもいい感じの食感です。

そして、味の方は生姜がよく効いていて、肉の味も悪くないし、臭くもない。すごくおいしいです。

 

こちらはパタン。

f:id:ts01:20160615173359j:plain

パタンはにんにくがたっぷりとのった油そばといった感じです。

これがかなりおいしいのです。

とにかく、しっかりとにんにくが効いているし、ネギの味もそばの感じもすごくいいんです。

パタンは包丁でニンニクをパタンと潰すというところからきたネーミングだそうで、こちらはメニューには載っていないのです。

いわゆる裏メニューということになります。裏メニューなんですけど、孤独のグルメ以来多くのお客さんが頼んでいるそうです。

この日もパタンを頼んでいないお客さんはいませんでした。

パタンにはスープもついてくるのが嬉しいですね。

チートとパタンはとにかく、オススメです。

 

他のメニューもおいしい!

チートとパタンがこれだけおいしいのですから、他のメニューもおいしいに決まってます。

f:id:ts01:20160615172905j:plain

こちらが基本メニューになります。

 

頼んだものは、レバニラ炒め

f:id:ts01:20160615173212j:plain

 

そして、野菜スープ

f:id:ts01:20160615173552j:plain

 

さらに豚足うま煮。

f:id:ts01:20160615175535j:plain

 

そして、餃子です。

どれもこれもおいしいのですが、特に餃子はにんにくがたっぷりと入っていて、大満足です。

そして、豚足うま煮も甘しょっぱいタレが最高においしいです。豚足自体もとろとろになっています。

 

値段も安いし、いうことありませんでした。

夕飯なんかにちょいちょい通うのがいいと思いました。

 

第一亭台湾料理 / 日ノ出町駅桜木町駅伊勢佐木長者町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8