読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴリ課長の横浜グルメ!

横浜生まれ横浜育ちのゴリ課長が、横浜を中心に美味しいお店をご紹介。旅行やホテルのレビューもご紹介します!

横浜関内の割烹SOUで鯛茶漬けを食べました。

スポンサードリンク

横浜関内にある割烹SOU。

比較的新しめのお店で、ご夫婦でお店を運営されています。

旦那さんが厨房で、女将さんがサーブするという感じです。

しかも、女将さんはとても美人です!

ミシュランガイドのビブグルマンにも!

そうなんです。ミシュランガイドのビブグルマンのお店でもあるのです。実は私はこちらのお店をミシュランガイドで知りました。

そんなわけですので、期待してしまうのです。

まずは前菜のプレートから

こちらがメニューの一部です。

f:id:ts01:20160814182931j:plain

ですが、まずはビールとともに前菜のプレートを頼みました。

前菜が少しずつ乗ってるもので、とても人気があるのだとか。

女将さんのおすすめでしたので、それをいただくことにしました。

f:id:ts01:20160814183059j:plain

少しずつですが、種類が多い。大人になるとこういうのが嬉しいですね。

量ではなく、味・質を重視したいですね。

 

そして、お酒はビールから田酒へ

f:id:ts01:20160814183405j:plain

日本酒は各種揃えているので、うれしいですね。田酒は相方が好きなのでオーダーです。

f:id:ts01:20160814183453j:plain

 

おすすめのメニューもなかなかです!

そして、鮪のぬた和え

f:id:ts01:20160814183610j:plain

 

大山鶏の岩塩焼き

f:id:ts01:20160814183623j:plain

どちらもなかなかよかったです。

 

締めは鯛茶漬けで!

こちらのお店の名物でもある鯛茶漬けで締めます。

お昼には限定20食でランチをやっているようです。

f:id:ts01:20160814183752j:plain

鯛は天然のもので、自家製の醤油だれとゴマだれを使っています。そして、三つ葉、山葵、生姜、のり、4種類の薬味を使います。

かける出汁は鰹だし。

どうみてもおいしそうですよね。

まずは、お刺身で食べて、それから薬味をつけてお刺身を食べる。最後に出汁をかける。そんな感じで食べるといいようですね。

しかも、ご飯と鰹だしはおかわりができるようです。

日本料理は出汁が命ですからね。

 

こちらがお茶漬けにしたところです。

f:id:ts01:20160814184203j:plain

名物と言っているだけあって、なかなかのお味でした。

ごちそうさまでした。

 

割烹SOU割烹・小料理 / 馬車道駅関内駅桜木町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.2