読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴリ課長の横浜グルメ!

横浜生まれ横浜育ちのゴリ課長が、横浜を中心に美味しいお店をご紹介。旅行やホテルのレビューもご紹介します!

武蔵小杉のレストランμでこっそりランチ

スポンサードリンク

ゴリ課長の妻、ゴリ妻です。

 

先日、所用で武蔵小杉に行ってきました。

今や横浜を抜いて神奈川県内の「住みたい町No.1」なんですね。

十数年前に川崎市に住んでいたときは、イトーヨーカ堂くらいしかなかったのに・・・。

 

二ヶ領用水沿いを歩いていると、急に雨が降り出してきました。ふと横を見るとおしゃれなカフェ風のお店が。「蛤のスープ麵 限定5食」にひかれて入ってみました。

お店に入ると、「ご予約のお客様ですか?」と声をかけられました。「こんな目立たないところにあるカフェ、平日の昼間に予約しないだろ。」なんて考えながら、「予約していないです。大丈夫ですか?」と尋ねると、奥の席を案内してくれました。

 

席につくと、お水とピッチャーを持ってきてくれました。こういうのはうれしいですよね。

f:id:ts01:20161225221043j:plain

 

一息ついて、メニューを見る。

f:id:ts01:20161225221115j:plain

 

・・・。

蛤スープ麺、1,880円。カフェじゃなかった。

 

まあ、仕方ない。蛤スープ麺を注文しました。

こちらはすべてのメニューについてくる蕪のサラダ。柚子胡椒味だったかな?野菜の歯ごたえがしっかり残っていて、さっぱりしていてとてもおいしいです。

f:id:ts01:20161225221503j:plain

続いて、蛤スープ麺。気づくと店は満席です。人気のお店だったんですね・・・。

f:id:ts01:20161225221556j:plain

蛤はかなり大きいサイズのものが4つくらい入っていました。この時期でこの大きさなら、国産だったら蛤だけで1,000円くらいしそうです。

 

スープは蛤のだしがよく出ていておいしい。麺は細めのちぢれ麺です。

 

最後に生姜のゼリーとジャスミンティーが出てきました。

f:id:ts01:20161225221754j:plain

スマホでこっそり見てみると、カフェではなくヌーベルシノワだったみたいです。

 

蛤麺のスープは旬の蛤をたっぷり使えば家庭でも出せる味。細めのちぢれ麺は、食べているうちにふやけてスープが濁るので、私はツルツル麺の方が合うかなと思いました。

生姜のゼリーはちょっと固めで寒天みたい。いっそ寒天でつくるか、もう少しゆるめの方がおいしいです。

 

主婦なので厳しめですが、全体としてはおいしいし、店員さんの対応も良くて素敵なお店だと思います。ただ、「すごく料理上手な友達の家」で出てくるレベル。ランチで2,000円払うのなら、もう少し感動がほしいです。

 

共働きの別財布なので別に隠す必要もないのですが、家でレシートはこっそり隠しました。