読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴリ課長の横浜グルメ!

横浜生まれ横浜育ちのゴリ課長が、横浜を中心に美味しいお店をご紹介。旅行やホテルのレビューもご紹介します!

古市庵と青山の恵方巻を節分に食べました。

スポンサードリンク

すっかり関東でも恵方巻を食べることが定番となって、コンビニを始め、デパ地下でも恵方巻の販売商戦がすさまじいことになっています。

自宅で恵方巻を作ってもいいのですが、いろいろなお店が趣向を凝らしたものを販売していますので、購入して家で食べることとしました。

向かったのはそごう横浜店の地下2階です。

午後6時くらいでしたが、かなりの混雑です。多くの人が恵方巻を目当てにしているようでした。

青山と古市庵で購入!

まず、購入したのが青山です。懐石料理とありますが、ホームページを見てみるとレストランを営業しているのではなく、仕出しやお弁当などを広く販売している会社のようです。

こちらで500円ほどのハーフサイズの恵方巻を一つ買いました。

 

そして、もう一つは古市庵。

こちらはかなり人気で、レジまで20人から30人ほどの行列ができていました。もともと太巻きの評判がいいようです。

f:id:ts01:20170204105022j:plain

いくつか種類がありましたが、うずしお巻という1,343円のものを購入しました。

少し高いですが、周りの行列や雰囲気に押されて一番人気を買った感じです・・・

 

その他にも、なだ万のお惣菜を少し買って帰りました。

 

どれもおいしかったです!

こちらが恵方巻

f:id:ts01:20170204105255j:plain

左側の小さい方が青山。右側の大きい方が古市庵です。

 

青山の方は卵やかんぴょうにエビなども入っているタイプで、どちらかというとオーソドックスなタイプの恵方巻です。

f:id:ts01:20170204110533j:plain

f:id:ts01:20170204105522j:plain

 

古市庵の太巻きは、海鮮が中心となっています。

f:id:ts01:20170204110540j:plain

f:id:ts01:20170204105606j:plain

太巻きの中にもう一巻入っている感じで、中にも海苔が入っています。

具は一つ一つが大きいので、海鮮を食べている感じがします。

どちらも、それぞれ特徴があってよかったです。

 

なだ万のお惣菜はやっぱり安定しています。

なだ万では、茶碗蒸しとつみれの煮物を買いました。

こちらが茶碗蒸しです。

f:id:ts01:20170204105849j:plain

節分にあわせて豆が入っているようです。

カニの味、出汁もコクがあっていい味になっていました。

 

こちらはつみれ。

f:id:ts01:20170204105850j:plain

こちらもとろみのある出汁がよかったです。

 

こういったイベントでいろいろと食べるのも楽しいですね。