ゴリ課長の横浜グルメ!

横浜生まれ横浜育ちのゴリ課長が、横浜を中心に美味しいお店をご紹介。旅行やホテルのレビューもご紹介します!

らーめん醤和は店主のこだわりがすごい!がラーメンを食べたい日には向かないかも

関内と日ノ出町の間くらいにある「らーめん醤和」。店主のこだわりがすごくて、スープも具もすごく丁寧に作っています。

ただ、「今日はどうしてもラーメンが食べたい!」っていう日には向かないかもしれないな・・・と思います。

f:id:ts01:20170318110234j:plain

 らーめん醤和はお店の立て看板からも店主のラーメンへのこだわりが伝わってきます。

f:id:ts01:20170318110352j:plain

f:id:ts01:20170318110415j:plain

外に掲げられているメニューを見ると、どれにしようか迷ってしまいます。すべてのメニューが「なんかこだわっているなー」と感じる。キャッチコピーが上手なのかな?

f:id:ts01:20170318110659j:plain

f:id:ts01:20170318110711j:plain

注文したのは醤油ラーメンと鶏ガラ白湯の塩味です。

f:id:ts01:20170318110824j:plain

このお店は具材が別添え。「全部のせ」的なものを注文しました。

f:id:ts01:20170318110905j:plain

こだわりはわかるんですが、何となく好みではありませんでした。

ラーメンはしょうゆ、鶏白湯ともに油分が全くなくあっさりしすぎ。スープの味自体はまあまあおいしいのですが、麺はコシがあまりないちぢれ麺なので、スープに絡みません。

具材も手羽はすごく柔らかいけど味が甘すぎ。チャーシューもじっくりと調味液につけて味をしみこませているらしいのですが、調味液自体の甘味が強くてラーメンの具としては合わない。

前に超高級住宅街にある評判の「隠れ家的そば屋」にふらっと入り、かけそばを注文しました。「だしにもすごいこだわっている」ということで、ねぎなどの具もなし。どんぶりにつがれた汁に麺のみが浮いていました。

たぶん、普通の蕎麦屋の半分の量、そして具なしだけど1杯2,000円近く。「今日はどうしても蕎麦が食べたい!」と思っていた私は、不完全燃焼のまま「早く帰って赤いきつねを食べよう」と決心しました。

なんとなく、あの蕎麦屋を思い出してしまいました。

「スープにすごいこだわりがあるから、麺だけでシンプルに楽しんでほしい。」「具材も時間をかけてじっくりと作っている。そのものの味を楽しんでほしいから別添えでスープにさっとくぐらせて食べる。」っていう考えはすばらしいけど、なんだかバラバラで味に調和感がないなあ。

飲んだ後の締めなどにはいいかもしれないけど、「ラーメンが食べたい」という気持ちのときには物足りなさが残ってしまうかもしれません・・・。

 

らぁめん醤和ラーメン / 日ノ出町駅伊勢佐木長者町駅黄金町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2