ゴリ課長の横浜グルメ!

横浜生まれ横浜育ちのゴリ課長が、横浜を中心に美味しいお店をご紹介。旅行やホテルのレビューもご紹介します!

カップヌードルミュージアムでカップヌードル作りと謎肉丼を堪能してきました!

f:id:ts01:20180106141951j:plain

桜木町駅やみなとみらいで、こんな感じでカップヌードルを持っている人をよく見かけます。

f:id:ts01:20180106082824j:plain

カップヌードルミュージアムへ行って、オリジナルのカップラーメンを作ってきた人ですね。

私も以前から行ってみたかったので、ちょっと行ってみることにしました。

なお、記事内の料金などは2018年1月現在のものとなります。

みなとみらいの観覧車のすぐソバにあります

場所は観覧車のすぐそばです。

万葉倶楽部やワールドポーターズの隣です。

午前10時から午後6時まで営業しています。

電車で行くなら、みなとみらい駅かJR桜木町駅から徒歩になります。

みなとみらい駅からだと10分。

桜木町駅からだと20分程度はかかると思ってください。

どちらから行っても、散歩コースとしてつまらない場所ではありませんので、楽しみながら歩いてみてください。

オススメの駐車場

車で行く場合は近くに駐車場があります。

一番近いのはワールドポーターズです。

ただし、平日は1日1,000円が上限金額ですが、土日祝日などは30分で260円の料金となります。ワールドポーターズで3000円以上の買い物をすれば2時間まで無料となります。

もう一つはみなとみらい公共駐車場です。

こちらは2番目に近い駐車場です。

30分で270円の駐車料金となりますが、こちらは平日は1350円、休日でも1850円が最大の駐車料金となっています。

その他にもみなとみらい地区の駐車場はいくつもあります。

→ 横浜市内駐車場案内システム

 

料金や予約について(高校生までは入館料が無料!)

カップヌードルミュージアムは入館料が必要で大人500円です。

ただし、高校生以下は無料ですので、高校生まではいつでも行けちゃいます!

入館料のほか、中でかかる料金や施設は以下のとおりです。

マイカップヌードルファクトリー

自分のオリジナルヌードルを作るもので、1食分として300円が必要になります。

カップヌードルパーク

小学生以下が遊ぶスペースです。30分で300円になります。

チキンラーメンファクトリー

チキンラーメンを麺から作る体験ができるところで、こちらは事前の予約が必要です。

家族で参加される方が多いようです。

行かれる場合は事前に予約をしましょう。

ワールド麺ロード

パスタやフォーなど、世界の麺を食べられるレストランです。

1食300円程度ととても手軽に食べられるのがいいです。

 

受付をしてマイカップヌードルファクトリーの整理券をもらいます

中へ入ると受付のスペースがあります。ここで入館料などを支払います。この場所は少し並びます。

f:id:ts01:20180106091035p:plain

その際に、各施設の予約をします。

f:id:ts01:20180106091142j:plain

オリジナルカップヌードルを作るマイカップヌードルファクトリーの予約は絶対にしましょう!

マイカップヌードルの予約時間は受付から早くても30分後です。混雑時はもっと遅くなりますが、ミュージアム内には楽しむ場所がいくつもあるので、1時間〜2時間程度はすぐに経ってしまいます。

私たちは15時頃に到着しましたが、16時からの予約としました。

こちらが入館のチケットです。

f:id:ts01:20180106091746j:plain

こちらはマイカップヌードルの整理券です。受付では整理券をもらいます。

f:id:ts01:20180106091828j:plain

チキンラーメンファクトリーの予約もここでできるのですが、ウェブ予約で基本的には埋まっているようです。

受付を終えたら、まずは展示物などを見て回りました。

日清の歴史を見られる

受付を終えて、すぐよこの階段を上がります。

f:id:ts01:20180106091655j:plain

とても広々としたスペースで気持ちいいです。

入館チケットのQRコードをかざして、ゲートを入っていきます。

f:id:ts01:20180106091851j:plain

まっすぐ行ったところにあるのが、インスタントラーメンヒストリーキューブといって、これまでの日清の歴史が見られるのです。

年代ごとに発売されたインスタントラーメンが並んでいます。

1958年がスタートです。

f:id:ts01:20180106092201j:plain

どん兵衛は1976年のスタートですね。

f:id:ts01:20180106092154j:plain

こんな感じでズラーっと並んでいます。

f:id:ts01:20180106094342j:plain

f:id:ts01:20180106094346j:plain

奥にはに日清食品の創業者であり、インスタントラーメンの発明者でもある安藤百福氏に関するシアターや展示物があります。

f:id:ts01:20180106094743j:plain

f:id:ts01:20180106094845j:plain

ひとしきり、展示物を見た後に食事のできるワールド麺ロードへ行きました。

 

レストランで謎肉丼を食べました

レストランの中は自由に座って、好きなものを買うというスタイルです。

とても気楽に過ごせます。

主にこのようなメニューがあります。

f:id:ts01:20180106095045j:plain

世界の麺もいいのですが、せっかくなのでチキンラーメンをと思ったのですが、販売休止とのことでした。

f:id:ts01:20180106142340j:plain

チキンラーメンのブースにあったのが、謎肉丼(300円)です。

まずは自動販売機でチケットを購入します。

f:id:ts01:20180106095347j:plain

店内は全体的にレトロな感じになっていて、券売機もこのような味のあるものを使っています。

そして、こちらが謎肉丼です。

f:id:ts01:20180106095500j:plain

f:id:ts01:20180106095506j:plain

カップヌードルに入っている謎肉がたっぷりとご飯にかかっています。

まずいに違いない!と思っていたのですが、それほど悪くない味です。

しかも、食べていくうちにクセになりそうな感じ・・・

量も多くないので、結局ペロリと食べてしまいました。

ついにマイカップヌードルファクトリーへ

そして、メインのカップヌードル作りです。

f:id:ts01:20180106100341j:plain

結構混雑しています。

ここでは次のような流れで進んでいきます。

  1. カップヌードルのカップを自販機で買う(この時に300円必要)
  2. カップを好きなようにデザインする。
  3. スープや具材を選ぶ
  4. カップヌードル完成
  5. 例の空気の袋に入れる

まずは自販機でカップを購入します。

f:id:ts01:20180106100719j:plain

スタッフが席を案内してくれますので、席についてカップをデザインします。

f:id:ts01:20180106100815j:plain

デザインといってもマジックで書くだけです。

ひどいですが、こんな感じでデザインしました。上手な人はすごくうまく書いています。

f:id:ts01:20180106100929j:plain

デザインだできたら、中に入れるものを決めていきます。

実際に中に入れるのはスタッフさんです。

こちらはカップを渡して入れるものを指示するだけです。

最初は麺をいれます。

f:id:ts01:20180106101318j:plain

次にスープや具材を選びます。

f:id:ts01:20180106101550j:plain

スープは

  • カップヌードル(オリジナル)
  • カレー
  • シーフード
  • チリトマト

具材は・・・

  • ガーリック
  • インゲン
  • チェダーチーズ
  • カニカマ
  • コーン
  • キムチ
  • エビ
  • コロチャー
  • たまご
  • ねぎ
  • 貝柱

となっていました。

期間限定の具材もあるようですので、そのときどきで異なるみたいです。

 

そして、蓋をつけて、パックをして完成です。

f:id:ts01:20180106101511j:plain

f:id:ts01:20180106101517j:plain

最後に空気の袋にいれます。袋は自分で作るのですが、とても簡単にできます。

f:id:ts01:20180106101520j:plain

というわけで、2つできました。

f:id:ts01:20180106101801j:plain

おみやげも充実しています

最後におみやげを販売している売店にも寄ってみました。

普段みることのできないオリジナル商品が販売されていて、ここも楽しい場所です。

f:id:ts01:20180106102404j:plain

f:id:ts01:20180106102411j:plain

JALの機内でハイクラスの席用に提供されている「ですかい」シリーズのカップ麺もありました。

f:id:ts01:20180106102419j:plain

 

オリジナルカップラーメンの味は??

自分でスープや具材を決めて作ったカップヌードルですが、その味はどうなのでしょうか。

f:id:ts01:20180106102944j:plain

まず、こちらは・・・

  • スープ・・チリトマト
  • 具材・・チェダーチーズ、エビ、ネギ、ガーリック

f:id:ts01:20180106102949j:plain

販売されているものよりも、少し具材の量が多いように感じます。

お湯を入れて3分待って出来上がりです。

f:id:ts01:20180106102955j:plain

f:id:ts01:20180106102959j:plain

スープのパウダーを少し多めに入れてくれているみたいで、スープは濃いめです。薄くしたい場合はお湯で調整できますね。

チリトマトにチーズを入れたのがよかったみたいで、結構おいしかったです。エビもゴロゴロと入っていていい感じでした。

 

そして、もう一つは・・・

  • スープ・・カレー
  • 具材・・・チーズ、キムチ、貝柱、ガーリック 

f:id:ts01:20180106103002j:plain

こちらも、具材がゴロゴロと入っています。

f:id:ts01:20180106103006j:plain

f:id:ts01:20180106103011j:plain

カレーとチーズ、キムチも相性が良かったです。

ガーリックも効いていて、全体としておいしかったのですが、貝柱が邪魔だったかもしれません。

まとめ

初めてカップヌードルミュージアムへいきましたが、なかなか面白かったです。

その場だけでなく、作ったカップヌードルを持って帰ってあとで食べられるというのも魅力ですね。

横浜に遊びに来た際には、ぜひ行ってみてください。