ゴリ課長の横浜グルメ!

横浜生まれ横浜育ちのゴリ課長が、横浜を中心に美味しいお店をご紹介。旅行やホテルのレビューもご紹介します!

ストロベリーパークのパークサイドキッチンに行ってきました!

ストロベリーパークとは

f:id:ts01:20180711070851j:plain

ストロベリーパークは2018年4月29日にオープンしたイチゴのテーマパークです!

「イチゴのテーマパーク」なんて、イチゴ好きにとっては夢のような場所ですね。

ここでは365日イチゴ狩りができるだけでなく、イタリアンやイチゴのスイーツのブッフェがあり、休日には家族で料理をするというキッチン体験などもあるのです。

ちなみに、こちらの施設はオール電化となっていて、ハウスの状態などは電気により徹底管理されています。

運営は東京電力フュエル&パワー株式会社です。どうりでオール電化なわけですね。

場所はフュエル&パワー横浜火力発電所の敷地内

ストロベリーパークへはJR鶴見駅または京急鶴見駅から横浜市営バスを利用するか、車で行くことになります。

私たちはバスを利用して行きました。

駅は鶴見駅。

f:id:ts01:20180711071244j:plain
f:id:ts01:20180711071246j:plain

JR鶴見駅も京急鶴見駅も近くですので、どちらでの問題ないです。

7番のバス停から「横浜さとうのふるさと」行き(181系統)に乗り、「横浜火力発電所前」で下車します。

こちらは鶴見駅のバス乗り場です。

f:id:ts01:20180711075758j:plain

こちらは時刻表です。

f:id:ts01:20180711075839j:plain

わりと多くのバスが出ています。

鶴見駅前 時刻表 ( 181 横浜さとうのふるさとゆき ) | 横浜市交通局

乗車時間は20分ほどです。

乗車時間はそれほど長くはないですが、バスは揺れたりしますので、座って行きたいという人は15分以上前にバス停に到着した方がいいと思います。

バス停には屋根と椅子がありますので、早く到着すれば座ってバスを待つことができます。

 

バスに乗車して20分ほど乗ると、横浜火力発電所前に到着です。

f:id:ts01:20180711095122j:plain

バス停からすぐのところに、ストロベリーパークの入り口(横浜火力発電所の入り口)があります。

f:id:ts01:20180711095423j:plain

門をくぐってまっすぐに歩いて行くと建物が見えてきます。

f:id:ts01:20180711095511j:plain

平日は11時が開園時間となっているのですが、到着したのが10時50分でしたので、周辺を少し散歩してみました。

大勢でいくならタクシーも

タクシーだと片道2000円程度とのことです。

4、5人で大きめのタクシーで行くなら、バスより少し高い程度の金額で到着できると思います。

駐車場もあるので車でもOK

駐車場も用意されていますので、自家用車で行くのも全然問題ありません。

f:id:ts01:20180711101008j:plain

周辺もイチゴのデザインがいろいろ

周辺といっても、建物の周囲ということですが、イチゴのデザインがいくつかありました。

f:id:ts01:20180711095924j:plain
f:id:ts01:20180711095926j:plain
f:id:ts01:20180711095928j:plain
f:id:ts01:20180711095930j:plain

こういうちょっとした部分も楽しめる要素ですね。

施設はイチゴ一色です!

11時ちょうどに開園です。

入り口には大きなイチゴのオブジェがあります。

f:id:ts01:20180711102412j:plain

施設は1階と2階になっていてます。

f:id:ts01:20180711102434j:plain

1階にイチゴラボや料理ができるスタジオスイッチ、おみやげなどが販売されているベリーグッドショップがあります。

2階にはパークサイドキッチン。外にはストロベリーファーム。

午前11時に予約をしていましたので、早速、パークサイドキッチンへ行きました。

こちらがパークサイドキッチンです!

f:id:ts01:20180711103324j:plain

平日の午前11時ですので、空いていました。

f:id:ts01:20180711103737j:plain
f:id:ts01:20180711103405j:plain


ブッフェはイタリアンとベリー系のスイーツがメイン

この日のメニューは以下のような感じでした。

ピザはチーズ、マルゲリータなど。

f:id:ts01:20180711103908j:plain

鴨とローストポーク。

f:id:ts01:20180711104213j:plain
f:id:ts01:20180711104214j:plain

トリュフポテトと鶏肉。

f:id:ts01:20180711104321j:plain

ポテトなど。

f:id:ts01:20180711104324j:plain

魚のフリット。

f:id:ts01:20180711104328j:plain

パスタ、リゾット。

f:id:ts01:20180711104647j:plain

f:id:ts01:20180711105738j:plain

パン類はフォッカチャやクロワッサン、ライ麦ブレッドなど。

f:id:ts01:20180711104803j:plain

スープはミネストローネと冷たいかぼちゃのスープ。

f:id:ts01:20180711104758j:plain
f:id:ts01:20180711104800j:plain

サラダ類。

f:id:ts01:20180711105111j:plain

ドリンク類はコーヒー、紅茶、オレンジジュースやアップルジュースなどです。

f:id:ts01:20180711105311j:plain
f:id:ts01:20180711105313j:plain

残念ながら、アルコール類の提供はありません・・

 

まずは、ランチとしてこちら取ってきて食べました。

f:id:ts01:20180711105431j:plain

f:id:ts01:20180711105959j:plain
f:id:ts01:20180711110000j:plain

とりあえず、少しずつ食べてみて、おいしいものはまた食べようという作戦です。

どれもおいしかったのですが、中でもよかったのが、パスタやリゾット、魚のフリット、マリネという感じです。

ピザも出来立てのタイミングで食べるといいかもしれません。

スイーツもなかなかおいしい!

スイーツ類はこちらです。

チョコレートとイチゴのフォンデュがうれしいですね。

f:id:ts01:20180711110204j:plain

フォンデュにつけて食べるのは、フルーツ類、ワッフル、マシュマロ、プチシュー、イチゴ大福です。

f:id:ts01:20180711110413j:plain

f:id:ts01:20180711110411j:plain
f:id:ts01:20180711110410j:plain
f:id:ts01:20180711110841j:plain
f:id:ts01:20180711110856j:plain

 

そのほかにも、プチロールケーキ。

f:id:ts01:20180711110605j:plain

フルーツポンチなどもあります。

f:id:ts01:20180711110649j:plain

イチゴのフォンデュがよかったです。イチゴ大福につけてたくさん食べてしまいました。

f:id:ts01:20180711110945j:plain

こちらはフルーツポンチ。

f:id:ts01:20180711111253j:plain
f:id:ts01:20180711111259j:plain

さっぱりとしておいしいです。

一通りのメニューを食べてみました。

驚くようなおいしさとは言いませんが、イチゴのテーマパークにあるレストランということで、話題性にはいいかもしれません。

料金は・・

平日の料金

  • 大人:2100円
  • 小学生以下:1100円
  • 3歳以下:無料

休日の料金

  • 大人:2500円
  • 小学生以下:1300円
  • 3歳以下:無料

土日・祝日のメニューには限定のものもあるようです。

 

次はいちごラボへ 

f:id:ts01:20180711193705j:plain

たくさん食べた後に、いちごラボへ行きました。

いちごラボはいちごの研究所ということで、実際にチョコレートのお菓子を作っているところがみられます。

f:id:ts01:20180711193755j:plain

f:id:ts01:20180711193815j:plain
f:id:ts01:20180711193818j:plain
f:id:ts01:20180711193816j:plain
f:id:ts01:20180711193812j:plain

もちろん、お菓子も販売しています。

f:id:ts01:20180711194622j:plain
f:id:ts01:20180711194621j:plain
f:id:ts01:20180711194620j:plain
f:id:ts01:20180711194617j:plain

お腹いっぱいでしたが、一つ買ってみることにしました。

f:id:ts01:20180711194730j:plain

イチゴだけでなく、ラズベリーも入っているということで、程よい酸味がよかったです。

座って食べていたら、店員さんが試食をさせてくれました。

 

そのほかに、かき氷やスムージーがありました。

f:id:ts01:20180711194921j:plain

せっかくなので、かき氷の「いちごニブ」をいただくことにしました。

ニブとは、ローストしたカカオの中身のことだそうで、ちょっと苦味があるそうで、イチゴのソースのかき氷の上に振りかけられています。

f:id:ts01:20180711195312j:plain

上にかかっているのが、チョコレートではなく、ニブです。

f:id:ts01:20180711195347j:plain

甘いイチゴのソースにニブが良いアクセントになっていますね。

暑い日にはいいと思いますが、いちごラボの中はかなり冷房が効いているので、ちょっと寒かったです・・

それから、お水も用意されています。

f:id:ts01:20180711195708j:plain

甘いお菓子を食べると喉が乾きますから、うれしいですね。

 

ベリーグッドショップではおみやげが買えます

f:id:ts01:20180711195551j:plain

かわいらしいショップです。

小さなショップですが、様々なものが売っています。

f:id:ts01:20180711195619j:plain

サコッシュやトート。

f:id:ts01:20180711195625j:plain

イチゴの和三盆やクッキー、キャンディーなどもありました。

f:id:ts01:20180711195634j:plain

f:id:ts01:20180711195638j:plain

 

ストロベリーファームでは1年中イチゴ狩りできる

今回はイチゴ狩りはしませんでしたが、すぐ横にハウスがあって一年中イチゴ狩りができます。

f:id:ts01:20180711200059j:plain

f:id:ts01:20180711200113j:plain

予約の方法は?

レストランやイチゴ狩りなど、予約することが可能です。

電車で行く場合はバスに乗るなど、それなりに行くのが大変ですので、予約は絶対にした方がいいと思います。

予約はストロベリーパークのホームページからできます。

ストロベリーパークの情報

ストロベリーパークのホームページ

 

まとめ 

初めてストロベリーパークへ行きましたが、イチゴが好きな人ならとても楽しい場所ではないでしょうか。

ただ、イチゴ自体はイチゴ狩り以外では食べられませんので、たくさんイチゴを食べたい人はイチゴ狩りをしましょう。

イチゴを使ったお菓子や雰囲気、食事を楽しみたいのであれば、レストランなどでも楽しめると思いますが、メニューが少ない感じがします。

頻繁に行く場所ではないので、レストランのブッフェも3000円にしていいので、もっといろいろなものを提供してほしいと感じました。

いちごラボも、もっと多くのメニューや楽しめる要素が欲しいと思います。

今後の発展にも期待したいですね!

とはいえ、今でも十分に楽しめると思いますので、興味のある人はぜひ行ってみてください。