ゴリ課長の横浜グルメ

横浜生まれで今も横浜に住んでいるゴリ課長が、実際に食べた横浜のおいしいグルメを本音で紹介しています!特に横浜駅、桜木町、関内、馬車道、みなとみらい、中華街を中心に、安くておいしいお店を厳選してお伝えします。観光で横浜に来る方や、コスパのいいランチやラーメンを探している人など、ぜひ参考にしてください。

MENU

光家のラーメンはスープとボリュームのあるチャーシューが魅力です!

光家は人気の家系ラーメンのお店

光家は1999年に創業で、家系ラーメンの中でも老舗といえるお店です。

店主は壱六家磯子本店の出身ということで、家系ラーメンの中でも「壱系」と言われる壱六家を総本山とする系列のグループに入ります。

壱六家のスープは吉村家のような醤油がたつ味ではなく、クリーミーなスープが特徴です。

光家のスープもクリーミーといわれていますので、味を引き継いでいるのだと思います。

お店は天王町という少し地味な場所にあります。

天王町は横浜から相鉄線で3つ目の駅で、昔ながらの商店街もある素朴な街です。

こうした駅で地元で愛されながら、人気のお店になっているというのは、美味しいラーメンを提供し続けているということだと思います。

お昼時は混雑します

私は土曜日の午後に行きました。お昼のピークは過ぎていましたが席はほとんど埋まっていました。少し待って入店できました。

お店はカウンターのみで10席程度、お昼どきには外に列ができることもあります。

メニューはシンプル

f:id:ts01:20190218064914j:plain

  • ラーメン並 700円
  • ネギラーメン並 850円
  • チャーシューメン 900円
  • ネギチャーシューメン 1050円
  • ライス小 100円
  • ノリ 100円

ラーメン、ネギラーメン、チャーシューメンにそれぞれ並・中・大とあり、値段は中がプラス100円、大はプラス200円となります。

光家では、ラーメンにキャベツをプラスするのが定番で、100円でキャベツをプラスできます。

クリーミーでおいしいスープ

キャベツを入れたラーメンが定番なのですが、何となくキャベツを食べる気がしなかったので、以下のメニューを注文しました。

  • ラーメン並+ノリ
  • チャーシューメン

光家のラーメンにはゆで卵がサービスで付いてきます。サッと出てきますので、最初はちょっと驚きますね。

f:id:ts01:20190218064926j:plain

ゆで卵をむきながら、ラーメンが出るのを待ちます。

ラーメン並のノリ増し

f:id:ts01:20190218064937j:plain

個人的に家系ラーメンでのり増しにするのが大好きです。ご飯を頼んでスープに浸した海苔をご飯に巻いて食べるのもいいのですが、私は麺を巻いて食べるのが好きです。

スープはほどよくクリーミーです。醤油の風味は薄いですが、塩気はちょうどいいので、とても飲みやすいです。

クリーミーだからといって、脂分が強いわけでもなく、絶妙に調整されたバランスの良いスープです。

評判どおり、家系の中ではかなりおいしいスープだと思います。

 

こちらは麺です。

f:id:ts01:20190218064947j:plain
中太でもちもちとした麺は家系の定番です。製麺所は大橋製麺所のものを使っているようです。

スープとの相性もよく、とてもおいしい麺です。

 

ゆで卵をラーメンに入れてみました。味玉ではなく、固茹でタイプですね。こういうのも悪くないですね。

f:id:ts01:20190218065018j:plain

こちらがチャーシューメン

f:id:ts01:20181109163026j:plain

すごくボリュームのあるチャーシューメンです。

これだけの量と厚みのチャーシューは家系の中でも珍しいと思います。

f:id:ts01:20181109163027j:plain

脂の入り方も丁度いいし、しかも柔らかい。たっぷりと肉を食べた感じですが、胃がもたれる感じもありません。

全体的に好みの味でした。 

まとめ

スープがマイルドで塩気も少なめ、麺とスープの相性もよく、チャーシューもこだわりを感じるおいしさでした。

全体のバランスもよく、ワンランク上質な家系ラーメンだと思います。女性にも好まれる味ですね。

リピートしたい良い店だと思いました。

お店の情報

お店 光家
住所 神奈川県横浜市西区浅間町5-381-10
電話番号 045-311-3315
予約 不可
営業時間 11時半〜翌4時(平日・土)
11時半〜翌3時(日・祝)
定休日 水曜日