ゴリ課長の横浜グルメ

横浜生まれで今も横浜に住んでいるゴリ課長が、実際に食べた横浜のおいしいグルメを本音で紹介しています!特に横浜駅、桜木町、関内、馬車道、みなとみらい、中華街を中心に、安くておいしいお店を厳選してお伝えします。観光で横浜に来る方や、コスパのいいランチやラーメンを探している人など、ぜひ参考にしてください。

UberEats(ウーバーイーツ)でクーポンをうまく使う方法!70円で2990円分を食べた!

UberEats(ウーバーイーツ)はクーポンを使うと安く食べられる!

f:id:ts01:20180405194928j:plain

UberEatsは首都圏を中心に利用できるレストランなどの配送を提供しくれるサービスです。

配送は配送パートナーというUberEatsに登録した人が行っていて、配達される料理はUberEatsと提携しているお店のものになります。

このことで、もともと宅配や出前を行なっていないお店がデリバリーを提供できるようになり、UberEatsを利用することで、様々なお店の料理を自宅などで食べられるようになります。

これまではデリバリーといえばピザくらいでしたが、これでデリバリーの選択肢が大きく広がったことになります。

専用アプリで注文をする

スマホに専用アプリをインストールすることで、UberEatsを利用できるようになります。

アプリにはデリバリー可能なお店がかなり多く掲載されていて、気軽にいろいろなお店のものを注文することができます。

お友達紹介でクーポンがもらえる

UberEatsにはお友達紹介の仕組みがあります。

UberEatsに登録すると、友達などの紹介するための自分専用のクーポンコードが発行されます。

新たにUberEatsを利用する人が、このクーポンコードをアプリで入力すると、クーポンコードを入力した人にクーポンが発行されます。

また、それと同時に紹介した側にも割引のクーポンが発行されます。

クーポン券の金額は1枚500円から1000円となっていて、キャンペーンなどによってその金額が異なっています。

例えば、2019年5月時点までであれば、紹介した人と紹介された人の両方に1000円分のクーポンがプレゼントされます。

ちなみに、クーポンコードは誰のものを使ってもクーポンの金額は同じです。また、クーポンを使うことで個人情報が伝わるなどのことは一切ありません。

クーポンコードはこちらをご利用ください。(コピーするをタッチするとクーポンコードがコピーされます。)

eatsinter196j5lj

クーポンの利用は1回の注文で1つ

そのクーポンですが、注文1回につき1枚しか使えません。

クーポン券は1枚500円か1000円なので、それ以上の料金は自分で負担することになります。

割引になるだけでも嬉しいのですが、できるだけ料金を支払わずに食べたいものです。

そんな時には、複数のお店で少しずつ注文すると、クーポン券が複数利用できます。

同じお店でも2回に分けて注文すれば、クーポンを2つ使うことができます。

ただし、配送料は注文ごとにかかってしまいます。

ちなみに、配送料はお店と配達場所の距離によって決まります。近ければ安く、遠ければ高くなります。

私の地域では、一番安くて1回の配送料は290円です(2019年5月時点)。遠いと500円以上かかります。

290円の配送料なら500円のクーポンを使っても210円までは無料になりますが、それ以上は自己負担です。1000円のクーポンなら830円までが無料になる計算です。

というわけで、以前に友人などに紹介したときにもらったクーポンがあったので、1000円分のクーポンを3つ使って、無料でどれくらい食べられるかやってみました。

マック、フレッシュネスバーガー、ケンタッキーを注文!

こちらがマックで注文した領収書です。

f:id:ts01:20190129180305j:plain

グランクラブハウスバーガーとポテトMを注文しました。当時は配送料が少し安くて170円でした。

配送料を含めて1040円になったので、1000円クーポンの利用で40円の支払いになりました。

次はフレッシュネスバーガーで注文

こちらがフレッシュネスバーガーの領収書です。

f:id:ts01:20190129180259j:plain

クラシックアボカドチーズバーガーを注文しました。

配送料を含めて1030円ですので、1000円のクーポン券を利用して支払額は30円です。

最後にケンタッキーで注文

f:id:ts01:20190129180308j:plain

オリジナルチキンを3本注文しました。

金額は750円で配送料の170円を合わせて920円になります。

1000円のクーポンを使って支払額は0円です。(差額の80円分をもらうことはできません。)

というわけで、マックの1040円+フレッシュネスの1030円+ケンタの920円=合計2990円分を70円の支払いで注文できました。

当然だけどおいしいです!

注文するとアプリに家に届くまでに時間が表示され、配達員さんの現在地もアプリの地図上で確認できます。

家まで持ってきてもらうのが嫌な場合は、玄関近くで受け取ることもできます。

私の場合はいつも家まで持ってきてもらっています。

こちらが今回頼んだものです。

f:id:ts01:20190129165343j:plain

マックのグランクラブハウスバーガー

f:id:ts01:20190129165450j:plain

パテとベーコンとチーズがしっかりと入っています。

断面図です。パテもわりと厚みがありますね。

f:id:ts01:20190129165521j:plain

ベーコンはトロッとしているし、ソースもよく合っています。久しぶりに食べましたが、やはりおいしいです。

 

こちらはフレッシュネスのクラシックアボカドチーズバーガーです。

1つで860円ですので、普段なら頼まないです・・

f:id:ts01:20190129165707j:plain

断面図です。

f:id:ts01:20190129170023j:plain

マックのグランクラブハウスバーガーと比較すると、パテが一段と厚いし、アボカドがこれでもかと入っています。

フレッシュネスのクラシックバーガーは、肉の味がしっかりとするのが特徴です。

ファストフードのハンバーガーより肉感があるので、一段上のハンバーガーを食べられます。

あとは、マックのポテトとケンタのフライドチキンです。こちらは定番のおいしさですね。

まとめ

今回はUberEatsのクーポンを利用して、3000円分を注文してみました。

500円のクーポン1枚なら、ケンタのフライドチキンやマックのフライドポテトを1つだけ注文するのと無料です。(配送料が170円の場合)

UberEatsは2019年5月現在では、以下の一部のエリアで利用できるようです。

東京23区、神奈川(横浜市・川崎市)、千葉(市川市・船橋市)、埼玉(さいたま市)、大阪(大阪市)、京都(京都市)、愛知(名古屋市)、福岡(福岡市)

興味がある人は一度使ってみてはいかがでしょうか。

クーポンコード入力の手順

インストール後に以下の手順でコードを入力するとクーポンが発行されます。

アプリを開いたら、人のアイコンをタッチ、次にプロモーションをタッチします。

f:id:ts01:20190129180312j:plain

次にプロモーションコードを入力して適用します。

f:id:ts01:20190129180316j:plain

簡単なので、ぜひやってみてください。

クーポンコードはこちらをご利用ください。(コピーするをタッチするとクーポンコードがコピーされます。)

eatsinter196j5lj