ゴリ課長の横浜グルメ

横浜生まれで今も横浜に住んでいるゴリ課長が、実際に食べた横浜のおいしいグルメを本音で紹介しています!特に横浜駅、桜木町、関内、馬車道、みなとみらい、中華街を中心に、安くておいしいお店を厳選してお伝えします。観光で横浜に来る方や、コスパのいいランチやラーメンを探している人など、ぜひ参考にしてください。

アソビルの横濱丿貫で煮干蕎麦!やっぱり丿貫のラーメンはうますぎる

今回は横浜のアソビル内にできた丿貫へ行ってきました。横浜で一番好きな煮干蕎麦をご紹介します!

丿貫がアソビルに出店してます

f:id:ts01:20190831081936j:plain

横浜の煮干しラーメンといえば、個人的には丿貫を思い浮かべてしまいます。

なんともいえないコクと旨味のあるスープは、何度食べてもおいしいんです。

2019年に横浜中央郵便局の別館をリノベーションしてオープンしたアソビルに、丿貫の支店、横濱丿貫ができました。

丿貫は横浜では福富町(桜木町駅と関内駅の間)と弘明寺にお店がるのですが、繁華街から離れているため、少し不便な場所ともいえます。

その点、アソビルは横浜駅に直結した場所ですので、好立地です。

手軽に丿貫の味を楽しめるようになりました。

混雑度合いは?

f:id:ts01:20190831215428j:plain

アソビルはレストラン街のほか、体験型の施設が多くあり、休日は家族づれで混雑しています。

土日のお昼時はある程度待つことになります。

私たちは土曜日のお昼に行きましたが、10分程度待ちました。

待つ場所がわりと広くとられていて、店員さんがその状況をたびたび見にきてくれます。

とはいえ、丿貫の本店などと比べると圧倒的に待ち時間が少ないと思いますので、丿貫の中でも穴場ともいえるかもしれません。

メニューは日によって違う

f:id:ts01:20190831082922j:plain

メニューは煮干蕎麦がメインですが、日によって異なる魚などを使った出汁のラーメンも提供しています。

また、忘れてはならないのが和え玉です。

和え玉は汁なしの混ぜそばのようなもので、和え玉のみの注文はできないので、煮干蕎麦などと一緒に注文します。

ちなみにこの日の和え玉は、黒酢の和え玉と鬼茜玉でした。和え玉も、日替わりで様々なメニューを用意してくれています。

メニューはツイッターで告知されているので、行くときにはチェックした方がいいですね。

この日のメニューはこちらです。

  • 煮干蕎麦 850円
  • 黒酢の和え玉 200円
  • 鬼茜玉 400円
  • うずら味玉 100円
  • 肉増し 300円

濃厚な出汁は健在です

私が行った日は、ラーメンは1種類でしたので、煮干蕎麦を注文。

そこにうずら味玉と肉増しを追加しました。

f:id:ts01:20190831084213j:plain

肉増しにしたので肉がたっぷりと乗っています。

f:id:ts01:20190831084301j:plain

この土の色のようなスープが丿貫の煮干蕎麦の特徴です。(煮干蕎麦なのに店内には煮干臭が全然ないのがうれしいです。)

麺は三河屋製麺の細麺でストレート。固めで食感が強めなのも特徴です。

f:id:ts01:20190831084407j:plain

そして肉。低温調理した肉はいい味で脂分もあっさりです。個人的にはもっと厚くカットしてほしいですが・・

f:id:ts01:20190831084548j:plain

それから、うずらの味玉は少し濃いめの味付けで微妙な辛味も感じます。煮干蕎麦のアクセントになっていい感じです。

やはり、丿貫のラーメンはバランスがよくて、個性的でとてもおいしいですね。

別日の牡蠣蕎麦・ノドグロがおいしかった!

f:id:ts01:20190831215528j:plain

別の日にはこのようなメニューでした。

この日は煮干蕎麦の他に、牡蠣蕎麦(950円)、ノドグロカサゴ蕎麦(1000円)がありました。

実は本店でも牡蠣蕎麦は食べたことがあって、これが特に好きなので、ツイッターでメニューを見つけたので食べにいきました。

こちらが牡蠣蕎麦です。

f:id:ts01:20190831215815j:plain

見た目は煮干蕎麦とあまりかわりません。スープには煮干しも使われていて、煮干蕎麦のような泥のような色のスープです。

f:id:ts01:20190831215859j:plain

牡蠣の風味が煮干しとも良く合って、すごくおいしいんです。

麺とも相性は抜群です。

そして、こちらがノドグロカサゴ蕎麦。

f:id:ts01:20190831215944j:plain

明るい色のスープで魚のコクのあるスープがとてもいいです。

f:id:ts01:20190831220032j:plain

麺は加水率45%の乱切り麺ということで、丿貫のいつもの麺と比べてモチっとしています。

f:id:ts01:20190831220105j:plain

煮干蕎麦とはまた違った一面を感じられます。

まとめ

横浜駅にこれほど近い場所に丿貫があるので、それほど混雑していないというのが嬉しいです。(福富町の本店だと30分〜1時間待ちはざらですので)

夜は日本酒専門店として営業しているので、おいしい日本酒とおつまみを食べつつ、最後にラーメンで締めるというのも最高だと思いますよ!

お店の情報

お店 横濱丿貫
住所 神奈川県横浜市西区高島2-14-9 アソビル 1F
営業時間 11時〜15時(昼営業・ラーメン店)
17時〜22時(夜営業・日本酒専門店)
定休日 昼営業は無休、夜営業は日曜定休
HP 横濱丿貫公式ツイッター