ゴリ課長の横浜グルメ

横浜生まれで今も横浜に住んでいるゴリ課長が、実際に食べた横浜のおいしいグルメを本音で紹介しています!特に横浜駅、桜木町、関内、馬車道、みなとみらい、中華街を中心に、安くておいしいお店を厳選してお伝えします。観光で横浜に来る方や、コスパのいいランチやラーメンを探している人など、ぜひ参考にしてください。

『蔵出し焼き芋かいつか』ラゾーナ川崎プラザ店でお得においしい焼き芋を購入!

今回は川崎ラゾーナにある蔵出し焼き芋専門店『かいつか』の焼き芋を食べてみました。

『蔵出し焼き芋かいつか』とは

『蔵出し焼き芋かいつか』は、カルビーのグループ会社の「株空き会社ポテトかいつか」が手がける熟成焼き芋専門店です。

さつまいもは、茨城県を中心に600件を超える農家さんから買い付けていて、そのこだわりのさつまいもから「焼き芋」「干し芋」「さつまいものスイーツ」などを作っています。

神奈川県ではラゾーナ川崎プラザのみにお店があります。(2021年11月時点)

ここで販売されている焼き芋は「紅天使」を使っていて、これは「かいつか」のオリジナルブランドのさつまいもだそうです。

焼き芋だけでなく「干し芋」「天使のかけら」(スナック菓子)など、多くの商品を販売しています。

高級感があるのに安い!

f:id:ts01:20211113215520j:plain

このような箱に入っていてとても高級感があります。(写真の箱は雨の日だったので少し水滴がついています・・)

中身はこのとおり。

f:id:ts01:20211113215630j:plain

中程度の大きさのさつまいもが4つ入っています。

これで通常価格720円。

私が購入したときは、「新芋」の時期で熟成が足りないからなどの理由で504円でした。

この時期は熟成芋がなくなる時期だそうです。

4本504円ということで、1本あたり126円。

スーパーの焼き芋より安いですね。。

スイーツのようなねっとり感と旨味!

こちらがさらにアップしたところ。

f:id:ts01:20211113220102j:plain

割ってみるとこのとおり。

f:id:ts01:20211113220119j:plain

甘い蜜が皮との間からのぞいています。

ねっとりとして、とてもおいしいです。

これで熟成が足りない状態だとすると、熟成芋ってどれだけ甘くなっているのか・・

この値段でこのレベルの焼き芋が食べられるなんて嬉しすぎます!

まとめ

川崎のラゾーナに焼き芋のお店ができていたなんて知りませんでした。

箱に高級感があるし、ちょっとした手土産にもいいかもしれません。

コスパもいいし、かなりオススメですよ!

お店の情報

お店 蔵出し焼き芋かいつか ラゾーナ川崎プラザ店
住所 神奈川県川崎市幸区堀川町72-1 ラゾーナ川崎プラザ 1F グラン・フード
営業時間 10:00〜21:00
定休日 なし
HP 蔵出し焼き芋かいつか 公式HP

※営業時間、営業日などの詳細は公式ページをご覧ください。