ゴリ課長の横浜グルメ

横浜生まれで今も横浜に住んでいるゴリ課長が、実際に食べた横浜のおいしいグルメを本音で紹介しています!特に横浜駅、桜木町、関内、馬車道、みなとみらい、中華街を中心に、安くておいしいお店を厳選してお伝えします。観光で横浜に来る方や、コスパのいいランチやラーメンを探している人など、ぜひ参考にしてください。

ミートフレッシュ鮮芋仙で芋園を食べてきた!素朴な台湾スイーツはおいしい

今回は中華街に少し脇にある台湾フルーツのお店「MEET FRESH 鮮芋仙」へ行ってきました。世界で展開しているスイーツのお店ですよ!

MEET FRESH 鮮芋仙とは・・

f:id:ts01:20200403061945j:plain

「MEET FRESH 鮮芋仙」は、「ミートフレッシュ・シェンユイシェン」と読みます。

台湾でスタートしたお店で台湾の家庭的なスイーツを提供してくれるお店です。

アジアを中心に世界で700店舗以上のお店を展開していて、台湾だけでなく世界中に多くのファンがいるのです。

日本では2017年に赤羽にオープンしたのが最初で、現在では東京を中心に7店舗を展開していて、横浜には2018年に中華街に開業しています。

当初はかなり混雑していたようですが、日本上陸から年月がたちますので、今ではだいぶ落ち着いたようで、わりとすんなりと入店できるようになっています。

看板メニューは大きく3種類

f:id:ts01:20200403064021j:plain

メニュー表を見るとかなり豊富に種類が用意されていますが、大きくは3種類です。

  • 芋園(いもえん)
  • 仙草(せんそう)
  • 豆花(とうふぁ)

もっとも基本的なのが芋園です。芋で作ったお団子がメインでタロイモや、さつまいもを使ってカラフルな色合いが特徴です。

仙草は台湾のハーブ「仙草」で作ったスイーツです。プルプルとした食感が特徴です。

豆花は大豆から作られていて、台湾ではソウルフードと言われています。カロリーが低くて人気があります。

それぞれ、メインのスイーツ以外のトッピングの種類によって5種類ほどが揃っています。

トッピングには、あずき、タピオカ、ピーナッツ、ハトムギなどがあります。

そのほかにもメニューがあり、ぜんざい、かき氷、ソフトクリーム、季節のフルーツを使ったメニューなどがあります。

f:id:ts01:20200403064115j:plain

このときは、いちごシリーズとして各種メニューにいちごを使ったものが多くありました。

ドリンクも豊富です。台湾のお茶、紅茶、ジャスミン茶などがメインでタピオカやクリームをトッピングできるようになっています。

f:id:ts01:20200403073000j:plain

素朴でおいしい台湾のスイーツ!

注文したのは芋園4号でのMサイズ、ジャスミンクリームティーです。

f:id:ts01:20200403073550j:plain

芋園4号にはタロイモ、あずき、タピオカが入っています。

芋園自体はもちもちとしたカラフルなお団子です。癒される甘さですね。

f:id:ts01:20200403073948j:plain

タロイモはかたまりでゴロッと入っています。

タロイモ自体はまったりとした食感で、あまり味はしないですね。

タピオカも入っているし、全体としてとてもバランスが取れていて、甘さもしっかりとあるしおいしいですね。

f:id:ts01:20200403074238j:plain

こちらがジャスミンクリームティー

f:id:ts01:20200403074308j:plain

ジャスミン茶自体にも甘みを加えて注文できます。

氷なしで頼んだので、とてもジャスミンティーの味が濃かったですが、芋園とは相性がよかったですね。

まとめ

お店の前はよく通っていたのですが、今回初めて食べてみて、素朴でとてもおいしいと感じました。

日本のスイーツに近いようで違うというあたりが人気なのかもしれません。

店内も台湾風でなんとなく落ち着きます。

f:id:ts01:20200403074554j:plain

中華街を散歩したついでに少し寄りたくなるお店だと思いました。

お店の情報

お店 MeetFresh 鮮芋仙 横浜中華街店
住所 神奈川県横浜市中区山下町82 徳永ビル 1F
電話番号 045-305-6647
営業時間 11時〜21時
HP MeetFresh 鮮芋仙 公式HP