ゴリ課長の横浜グルメ

横浜生まれで今も横浜に住んでいるゴリ課長が、実際に食べた横浜のおいしいグルメを本音で紹介しています!特に横浜駅、桜木町、関内、馬車道、みなとみらい、中華街を中心に、安くておいしいお店を厳選してお伝えします。観光で横浜に来る方や、コスパのいいランチやラーメンを探している人など、ぜひ参考にしてください。

菊乃井のにゅうめんが贈り物に最適!かなりおいしいです

今回は菊乃井のにゅうめんをご紹介します!横浜高島屋などで販売しているのですが、これがとてもおいしくて、贈り物としても最適なんです。

菊乃井は京都の料亭です。

菊乃井は京都に本店がある料亭です。

東京の赤坂にもお店があって、いわゆる高級料亭です。

お昼でも13000円から5万円ほど、夜は2万円から5万円ほどの懐石料理がメインです。

一度は行きたいのですが、なかなか手が届かないし、高級なものは食べ慣れてないので、味がわかるかどうか・・

そんななか、高島屋のデパ地下には菊乃井が入っているところが多く、私もたまに横浜高島屋の菊乃井に行きます。

主にお惣菜やお弁当を売っていて、私も食べたことがありますが、とても上品な味でおいしいです。

にゅうめんがおいしい!

お惣菜が美味しい中、お湯をかけるだけでできる「にゅうめん」も売っているのです。

こちらは贈答用にも使えるもので、これまでに何度か利用したことがあります。

こちらがそのにゅうめんです。

f:id:ts01:20191226134847j:plain

見た目からとても上品な感じが伝わると思います。いくつか種類があるのですが、こちらは「しじみにゅうめん」でお値段は699円(税込)です。

中身はこんな感じです。

f:id:ts01:20191226135100j:plain

にゅうめんの麺は乾麺です。

f:id:ts01:20191226135124j:plain

しじみ、わかみ、出汁も入っています。

f:id:ts01:20191226135156j:plain
f:id:ts01:20191226135202j:plain

説明書きには、「体に悪いものは一切入っておらず、簡単に調理できる麺があったらええな」という思いから開発したとあります。

国産小麦粉を使い、特殊乾燥によって生麺に近い食感を実現したそうです。

というわけで、作り方は簡単です。お湯をかけるだけ。

f:id:ts01:20191226135538j:plain

わかめの緑が白いにゅうめんに映えていますね。なかなか上品な仕上がりだと思います。

ここに出汁と薬味を入れて出来上がりです。

f:id:ts01:20191226135723j:plain
f:id:ts01:20191226135737j:plain

とても食感がよくて、確かに生麺のように感じます。

f:id:ts01:20191226135805j:plain

しかも、出汁もすごくおいしいので、いくらでも食べれてしまいます。

f:id:ts01:20191226135911j:plain

しじみもわりと大きめです。

これが料亭の味かどうかはわかりませんが、自宅で食べられるレベルを超えているので、思わず「おいしい!」と言ってしまうような味です。

種類は8種類

しじみにゅうめんの他にも種類がありますので、一部をご紹介します。(値段は2019年12月時点。税込)

  • とろみ湯葉にゅうめん(669円)
  • 湯葉にゅうめん(594円)
  • しじみにゅうめん(669円)
  • 鶏塩スープ麺(496円)
  • 梅にゅうめん(648円)
  • 鯛にゅうめん(734円)
  • 松茸にゅうめん(702円)

まとめ

横浜高島屋で手軽に買えるので、ちょっとした贈答に重宝しています。

贈答用に購入する際に、一つ余分に買ってつい自分で食べてしまいますね。

おいしいものを贈ると喜ばれるので、ちょっと知っておくだけで便利だと思います。

ぜひ参考にしてもらえればと思います。

ちなみに、アマゾンでも販売しています。

→ 菊乃井オンラインショップ

→ Amazon(菊乃井にゅうめん)

お店の情報

お店 菊乃井横浜高島屋店 
住所 神奈川県横浜市西区南幸1-6-31
電話番号 045-311-5111(横浜高島屋代表)
営業時間 10時〜20時
HP 菊乃井公式HP