ゴリ課長の横浜グルメ

横浜生まれで今も横浜に住んでいるゴリ課長が、実際に食べた横浜のおいしいグルメを本音で紹介しています!特に横浜駅、桜木町、関内、馬車道、みなとみらい、中華街を中心に、安くておいしいお店を厳選してお伝えします。観光で横浜に来る方や、コスパのいいランチやラーメンを探している人など、ぜひ参考にしてください。

すみれ横浜店は野毛にあるよ!味噌ラーメンのレポ・純連とすみれと違いを解説

すみれの横浜店は野毛にあります!

f:id:ts01:20190302074535j:plain

2019年2月にすみれが野毛にオープンしました。

2019年2月時点で、すみれは札幌市以外では横浜野毛にしかありません。全国にファンが多いですが、店舗はそれほど多くないのです。

野毛といえば、横浜でも屈指の飲み屋街で、週末にはかなりのお客さんで賑わう場所です。

飲んだ後にこんなにおいしいラーメンで締めることができるのですから、地元の私としてはとてもうれしいです。

すみれと純連の違いとは?

あまりにも有名なすみれですが、純連というお店も聞いたことがないでしょうか。

純連も「すみれ」と読むの?同じ系列店?味は違う?など、私自身、疑問がありましたので、少し調べて見ました。

まず、開業などの経緯はこちらです。

  • 昭和39年に村中明子さんが「純連」(「すみれ」と読む)を創業。
  • 一時休業して再度開店。その時に「じゅんれん」と読み方を変える。
  • 昭和62年に明子さんの長男教愛さんが暖簾を引き継いで、純連(じゅんれん)を開店。
  • 昭和63年に和食料理人だった明子さんの三男伸宜さんが「すみれ」を開業。

創業したのは村中明子さんで、現在の純連とすみれは、それぞれ長男と三男が経営しているお店です。

明子さんが開業した純連は初めは「すみれ」という読み方だったのですが、お客さんは「じゅんれん」と読んでいたそうで、途中から店名を変更したようです。

当時は濃厚な味噌ラーメンというものがなく、苦労も多かったようですが、口コミで人気が広がり現在の味噌ラーメンの先駆け的な存在になりました。

その後、受け継がれた「純連」も「すみれ」は明子さんの味を受け継ぎつつも、独自の味を発展させたようで、「純すみ系」と言われたりしますが、その味はかなり違うといいます。

すみれはマイルド、純連は濃厚でスパイシーなどと言われることが多いようです。

純連・すみれ系には3つの味

すみれと純連は異なる味でそれぞれが切磋琢磨しつつ成長してきたわけですが、創業した明子さんも、平成7年に「らーめんの駅」というお店を開業しています。

こちらのお店も行列ができる人気のお店になったのですが、平成16年に閉店となりました。

その後、平成21年から24年の3年間、長男と三男の協力のもと新横浜ラーメン博物館に復活させて出店しています。

創業した純連、そして、現在の純連とすみれ、3つの味が存在していたことになります。

実はこの辺の経緯については、新横浜ラーメン博物館が作成した動画に詳しく収められていました。

興味がある方は参考にしてください。


【ラー博TV】札幌 純連・すみれの元祖「らーめんの駅」 1/2 ramen Eki


【ラー博TV】札幌 純連・すみれの元祖「らーめんの駅」2/2 ramen Eki

すみれもラーメン博物館に出店していました

そして、すみれもラーメン博物館に出店していました。

出店していたのは、1994年3月から2004年10月、2012年8月から2018年12月の2回です。

横浜の野毛にお店を出したのも、ラーメン博物館を卒業したのがきっかけだと思います。

キレイで清潔感のある店内で回転も早い

横浜野毛のお店は新しいビルに入ったこともあり、とても綺麗です。

しかも席は28席ほどあり、店内は広めです。

f:id:ts01:20190302103147j:plain

待ち時間は短め

厨房には4、5名のスタッフがいて、フロアのスタッフも手際がよく、回転がかなり早いです。

平日の13時に行って、外には10人ほどの列ができていましたが、5分程度の待ち時間で入店できました。

タイミングにもよると思いますが、店内では相席もさせながらテキパキとさばいていますので、長い列ができていても、想定よりは早く席につけると思います。

メニューはこちら

お店に入るとタッチ式の券売機がありますので、こちらで注文します。

f:id:ts01:20190302103448j:plain

電子マネーが使えるので便利です。

f:id:ts01:20190302103518j:plain

テーブルにはメニュー表も置いてあります。

主なメニューと値段は以下のとおりです。(2019年3月現在)

  • 味噌 900円
  • 正油 900円
  • 塩 900円
  • 昔風(あっさり正油)930円
  • チャーシューメン 各300円増
  • 大盛り 各100円増
  • 半ラーメン 各600円
  • ラーメン+すみれご飯セット 1000円
  • ラーメン+おにめしセット 1000円
  • チャーハン 820円

看板メニューはもちろん味噌ラーメンですが、すみれご飯、おにめし、チャーハンも気になるところです。

説明によると、すみれご飯、おにめしは以下の内容でした。

  • すみれご飯…ご飯に錦糸卵、明太子、きざみのりが乗っている。
  • おにめし…ご飯に錦糸卵が乗っていて、三升漬け(青唐辛子の正油漬け)が付いている。

その他にトッピングやドリンク類なども販売しています。

濃厚だけどマイルドな味噌ラーメン

注文したのは、味噌ラーメン・すみれご飯です。

こちらが味噌ラーメン

f:id:ts01:20190302105726j:plain

すみれのラーメンは久しぶりです。

f:id:ts01:20190302110629j:plain

濃厚だけどマイルドで塩分をそれほど感じないスープです。

コクはあるけどしつこくない。お客さんには年配の人も多いのがわかります。

私も好きなタイプの味噌です。

f:id:ts01:20190302111055j:plain

そして、麺は西山製麺の特注。中太の縮れ麺で心地よい弾力があって、味もしっかりとしています。

麺もスープに負けない旨味がありますね。

f:id:ts01:20190302111318j:plain

すみれの味噌ラーメンには、そぼろか角切りチャーシューかと思っていたのですが、丸っと入っています。

ただし、箸でつかむとホロっとするくらいやわらかいです。

f:id:ts01:20190302111402j:plain

メンマも歯ごたえがよく、味噌ラーメンにマッチした具材だと思います。

すみれご飯もうまい!

f:id:ts01:20190302111453j:plain

ご飯に錦糸卵と明太子という組み合わせは初めてですが、すっきりとした感じで食べられます。

濃厚な味噌ラーメンにぴったりだと思いました。

まとめ

すみれのラーメンを食べられるのが、札幌以外で野毛のみということですから、地元民として大喜びです!

今回は定番の味噌ラーメンをいただきましたが、一番気になったメニューが「村中社長のラーメン」です。

券売機では売り切れになっていたので、次回はぜひ頼んでみたいと思います。

お店の情報

お店 すみれ 横浜店
住所 神奈川県横浜市中区野毛町1-26-5 野毛サーク 1F
電話番号 045-315-2252
予約 不可
営業時間 11時半〜15時半
17時半〜22時
定休日 木曜日
HP http://www.sumireya.com/