ゴリ課長の横浜グルメ

横浜生まれで今も横浜に住んでいるゴリ課長が、実際に食べた横浜のおいしいグルメを本音で紹介しています!特に横浜駅、桜木町、関内、馬車道、みなとみらい、中華街を中心に、安くておいしいお店を厳選してお伝えします。観光で横浜に来る方や、コスパのいいランチやラーメンを探している人など、ぜひ参考にしてください。

MENU

龍上海のカップ麺は煮干しのきいた味噌スープとしっかり麺がうまい!

龍上海は赤湯ラーメンを作ったお店

f:id:ts01:20190106185026j:plain

龍上海は山形県に本店があるラーメン屋さんで、創業は昭和33年という老舗です。

本店以外の店舗も山形県内ばかりなのですが、横浜のラーメン博物館にもお店があります。

龍上海は赤湯ラーメンを考案したお店としても知られています。赤湯ラーメンとは味噌ラーメンに辛味噌がトッピングされているラーメンのことです。

山形ラーメンといえば鶏ガラスープの醤油味に、ツルっとしたモチモチの麺といったイメージがありますが、赤湯ラーメンも山形のご当地ラーメンの一つになのです。

現在でも本店には行列が絶えないようで、すごい人気のあるお店です。

龍上海のラーメンは、スープは鶏ガラと煮干しをベースとした味噌で、麺は手打ちの平打ち麺でモチモチしています。そして、ラーメンの真ん中に辛味噌が盛ってあり、少しずつ溶かしながら食べていくのが特徴です。

そんな龍上海ですが、これまでに何度かカップラーメンが発売されていて、直近では2018年8月1日にセブンプレミアムから発売されています。

f:id:ts01:20190106185057j:plain

パッケージにもお店のことが書いてあります

f:id:ts01:20190106185136j:plain

お店の内容は以下のとおりです。

昭和三十三年創業、煮干しだしのきいた味噌スープともちもち食感の太麺がよく絡む「赤湯からみそラーメン」が人気の、行列の絶えない銘店です。

本当ならお店で本物を食べたいところですね。

ちなみにカロリーは377kcalです。

f:id:ts01:20190106185330j:plain

ノンフライ麺というのが嬉しいところで、ボリューム感のわりにカロリーが抑えられています。

カップ麺のふたを開けると…

f:id:ts01:20190106185618j:plain

具材はチャーシュー、メンマ、ネギ、そして写真には見えてませんがナルトが入っています。

麺は太めで、平打ちような形状をしているのがわかります。

お湯を入れて5分待てば完成です。

辛味噌を入れる前の状態です。

f:id:ts01:20190106190033j:plain

メンマがわりと大きく広がって、ナルトもかわいらしく見えています。

ここに別添えの「特製からみそ」を入れます。

f:id:ts01:20190106190141j:plain

鮮やかな赤色です。

f:id:ts01:20190106190212j:plain

かき混ぜたら出来上がりです。

f:id:ts01:20190106190233j:plain

いい色になっていて、とても美味しそうです。

 

スープは味噌と煮干しの風味があり、旨味とコクを出してくれています。にんにくの風味もあり、辛さは程よい感じです。少し濃いめの味も悪くないです。

f:id:ts01:20190106190303j:plain

 

麺は食感が強く、かなりモチモチとしています。スープにもよく絡むし、全体のバランスがいいと思います。この弾力と辛味噌スープは良い組み合わせですね。

f:id:ts01:20190106190543j:plain

 

そして、メンマ。シャキッとした食感がいいです。

f:id:ts01:20190106190817j:plain

 

こちらは肉です。小さいものがたくさん入っています。これはカップラーメンらしい感じがしました。

f:id:ts01:20190106190858j:plain

 

ナルト。本物に具材として入っているので、こちらは雰囲気ということですね。

f:id:ts01:20190106191042j:plain

 

まとめ

麺とスープはとても良いと感じました。

ちょっと辛くてコクのある味噌スープにしっかりとした食感の麺は相性がいいです。

ただし、具材については特筆すべきものは感じませんでした

全体としてはバランスもよく、リピートできるレベルの美味しさでした。

まだ食べていない人はぜひ試してみてください。

なお、カップラーメン以外にも、龍上海が作っているお土産用のラーメンもありますので、参考にしてください。