ゴリ課長の横浜グルメ

横浜生まれで今も横浜に住んでいるゴリ課長が、実際に食べた横浜のおいしいグルメを本音で紹介しています!特に横浜駅、桜木町、関内、馬車道、みなとみらい、中華街を中心に、安くておいしいお店を厳選してお伝えします。観光で横浜に来る方や、コスパのいいランチやラーメンを探している人など、ぜひ参考にしてください。

神奈川県立図書館の本館に『猿田彦珈琲』がオープン!早速いってみました!

今回は神奈川県立図書館の本館にある『猿田彦珈琲』へ行ってきました!

『猿田彦珈琲』が神奈川県立図書館内にオープン

2022年9月1日に神奈川県立図書館の本館が完成しましたが、それと同時に図書館内に『猿田彦珈琲』もオープンしました。

『猿田彦珈琲』は東京の恵比寿に本店をおくコーヒーチェーンで、都内を中心に支店があり、神奈川県内では武蔵小杉店につぐ2店舗目です。(2022年9月時点。公式HPによる)

公共施設への出店は初めてということです。

図書館の入り口には猿田彦珈琲の看板

県立図書館の入り口には看板があります。

図書館内に入ってすぐ右側に『猿田彦珈琲』があります。

お店はテイクアウトのみですが、リフレッシュエリアが図書館の閲覧スペースとは区切られていて、そこでは飲食や会話が可能となっています。

こちらのテーブルを利用して『猿田彦珈琲』で購入したものを食べたり飲んだりすることができます。

限定グッズなども販売されてます

雑貨なども置いてあります。

限定グッズもあるので、好きな方には嬉しいのではないでしょうか。

プレスリリースより引用
  • オリジナルマグカップ 1430円(税込)
  • オリジナルショッピングバッグ 2640円(税込)
  • オリジナルノート 470円(税込)
  • オリジナルクリアファイル 290円(税込)

『神奈川県立図書館ブレンド』を飲んでみました!

こちらがメニューの一部です。(2022年9月現在。税込)

  • ドリップコーヒー 500円〜
  • 猿田彦のカフェラテ 600円
  • ソイラテ 650円
  • カプチーノ 600円
  • コーヒーフロート 780円
  • カフェモカ 630円
  • お抹茶ラテ 620円
  • ホットサンド(グリル野菜のトマトソースとモッツァレラチーズ)680円
  • ホットサンド(プルドポークのBBQ)680円 

他にもメニューはありますが、通常の店舗よりは小さく運営しているようです。

また、ドリップコーヒーには「神奈川県立図書館ブレンド」がありましたので、こちらを注文。

さらに「猿田彦のカフェラテ」も注文しました。

ちなみに、16時過ぎころに図書館に到着したのですが、ホットサンドは売り切れてました。

キレイな図書館でゆっくりと過ごせる

1階のリフレッシュエリアでしばらくゆっくりと過ごしました。

こちらが注文した飲み物。

かわいらしいカップですね。

どちらも紙のカップです。蓋部分も紙になっています。

「神奈川県立図書館ブレンド」は…

コロンビアやエルサルバトルなど南米産を中心にコーヒー生豆を厳選し、じっくりと深煎りに焙煎しました。カシューナッツのような甘く香ばしい味わいと、程よく心地いい苦味が特徴

とのことです。

とてもおいしいコーヒーでした。

土日は当分混み合うかな?

図書館はオープンしたばかりなので、土日はかなり人が多かったです。

とはいえ、図書館の閲覧席などは満席になっていたわけではないので、読書、勉強、そしてカフェでゆったり過ごすには良い場所だと思います。

図書館の近くには伊勢山皇大神宮、掃部山公園もあるので、図書館にもよりつつ散策するのも楽しいと思います。

施設情報

お店 猿田彦珈琲 神奈川県立図書館店
住所 神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘44 神奈川県立図書館本館1F
営業時間 9:00〜18:30(火〜金)
9:00〜16:30(土・日・祝)
定休日 月曜日、第2木曜休み ※祝日の場合は営業
HP 猿田彦珈琲 公式ツイッター

※営業時間、営業日などの詳細は公式ページをご覧ください。