ゴリ課長の横浜グルメ

横浜生まれで今も横浜に住んでいるゴリ課長が、実際に食べた横浜のおいしいグルメを本音で紹介しています!特に横浜駅、桜木町、関内、馬車道、みなとみらい、中華街を中心に、安くておいしいお店を厳選してお伝えします。観光で横浜に来る方や、コスパのいいランチやラーメンを探している人など、ぜひ参考にしてください。

ルタオのドゥーブルフロマージュの口どけ感はハンパない!お取り寄せもおいしかった

ルタオの超定番ケーキ「ドゥーブルフロマージュ」とは・・

ルタオは北海道の小樽にある洋菓子のお店です。

小樽に行ったことがなくても、その名前に聞き覚えたある人も多いのではないでしょうか?

ルタオは株式会社ケイシイシイという会社のブランドで、多くのお菓子や外食産業を手がけている寿スピリッツの子会社です。

ルタオを有名にしたのが、ドゥーブルフロマージュというケーキ。

ドゥーブルフロマージュはフランス語です。英語でいうと「ダブルチーズ」、日本語では2層のチーズといった意味になると思います。

つまり、2種類のチーズがそれぞれ層になっているチーズケーキということです。

食べたことのある人ならわかると思いますが、ベイクドチーズにマスカルポーネをのせた二重構造で、この2つが食べた後にとてつもない調和を口の中にもたらしてくれるんです!

最近では外国人観光客の間でも人気が高く、多くの人はルタオでドゥーブルフロマージュを買うそうです。

ドゥーブルフロマージュはルタオが最初ではなかった!?

ルタオの代名詞ともいうべきドゥーブルフロマージュですが、実は発祥はルタオではないようです。

北海道の富良野にフラノデリスという有名な洋菓子店があるのですが、こちらのお店のオーナーの藤田氏が考案したものなのだそうです。

藤田氏は現在のお店を出す前に他のレストランで勤務したのですが、そこでニューヨークチーズケーキにマスカルポーネチーズを重ねたのが最初だといいます。

世田谷のラ・テール洋菓子店も藤田氏が勤めていたお店ですが、そこではドゥーブルという名前で販売されているということです。

そして、この後にルタオにもレシピが伝わったそうです。

【参考】菓子工房フラノデリス | Facebook

したがって、ドゥーブルフロマージュはルタオのみで販売しているのではなく、フラノデリス、ラ・テール洋菓子店でも販売されいています。

フラノデリス、ラ・テール、ルタオともに食べログの評価は 3.58(2019年3月17日時点)です。

もちろん、ドゥーブルフロマージュだけの力とはいいませんが、その破壊力が分かります!

f:id:ts01:20190317154218j:plain
f:id:ts01:20190317154214j:plain
f:id:ts01:20190317154222j:plain
左からルタオ、フラノデリス、ラ・テール(写真はそれぞれのHPから引用させていただきました)

HPを見る限りでは見た目はとても似ていますね!

味については食べログなどネット上では比較した感想などを掲載している人もいますが、どれも感動的なおいしさといった評価ですね。

今回はルタオのドゥーブルフロマージュを紹介していますので、フラノデリスやラ・テールに興味がある人は以下のHPを参照してください。

なお、ルタオとフラノデリスではドゥーブルフロマージュという名前ですが、ラ・テールではドゥーブルという名称になっています。

菓子工房フラノデリス|富良野本店

ラ・テール&ラテールセゾン

ルタオのドゥーブルフロマージュは 全国で購入できる

ルタオのスイーツは全国のデパートなどの催事で一定期間販売していることが多く、常に様々な場所で販売しています。

私も何度か横浜の周辺で購入したことがあります。

ただ、催事で販売しているものを購入すると、味がイマイチに感じることがあるのです・・

たまに似て非なるものも見かけるのですが、そうではなく、本物なのに味が違うと感じるときがある・・

これは私だけではなく、周囲でも何度か聞いたことがあるので、ひょっとしたら何か理由があるのかもしれません。

ですので、私は通販で購入することが多いです。通販で購入するといつもおいしいのです。(個人的な思い込みかもしれませんので、参考程度に聞き流してください・・)

というわけで通販で購入したドゥーブルフロマージュを食べたー!

催事で買っても同じかもしれませんが、間違いなくおいしいものを食べたいので通販で購入しました。

私の通販はいつも楽天です。(ポイント狙いで…)

届く日付を指定できますので誕生日などでも利用できますね。

f:id:ts01:20190317162458j:plain

冷凍で届きますので、食べる前に冷凍庫に5時間~8時間ほど入れて解凍します。

中身はこちら。

f:id:ts01:20190317162920j:plain

丸いのがケーキ、青いビニール製の袋も付いてきます。

f:id:ts01:20190317163134j:plain

木のような箱に入っています。

f:id:ts01:20190317163302j:plain

側面には原材料と製造者の株式会社ケイシイシイがしっかりと記載されています。

f:id:ts01:20190317163709j:plain

蓋をとると紙に包まれています。

f:id:ts01:20190317163915j:plain

じゃーん!そしてついに中身が出てきました。直径は12cmですので、それほど大きくはないのですが、一人で食べる分量ではないです。

私たちはいつも2人で4等分にして2回で食べる感じです。

f:id:ts01:20190317164030j:plain

層が2つになっていて、ベイクドチーズケーキとマスカルポーネの層に分かれています。

f:id:ts01:20190317163929j:plain

この2つの層を口の中に入れると、トローっと口の中で溶けていくのです。

この口溶け感は説明できません!食べてみないとわからないおいしさです!

f:id:ts01:20190317163925j:plain

コーヒーと一緒においしくいただきました。

まとめ

久しぶりにルタオのドゥーブルフロマージュをお取り寄せしましたが、とても満足しました。

今度はフラノデリスやラ・テールのも食べてみたいと思いました。

もとは同じドゥーブルフロマージュでも、それぞれが独自の進化を遂げているような気がします。

まだ食べてない人や、久々に食べたいと思った人はぜひお取り寄せしてみてくださいね。

 

お店の情報

お店 小樽洋菓子舗ルタオ本店
住所 北海道小樽市堺町7-16
電話番号 0134-31-4500
予約
営業時間 9時〜18時
定休日 無休
HP https://www.letao.jp/

ルタオの本店には広いお土産物売り場とカフェもありますよ。